父の逝去に伴い、相続手続きを行い、その時に知った法律のことや手続きのことを、しろうと目線であれこれ綴っています。



今回は、土地家屋の相続登記をするべく、法務局で実際に書類を提出した時のお話。

必要な書類を完璧に揃えたので、郵送でも良かったのだけど、人生で法務局に行くなんてそうあることじゃないしなあと、興味本位で足を運ぶことにしました。

事前に予約をしていたので、時間になると呼ばれて書類のチェックが始まります。

ザっと見て、ほぼ書類が揃っているのを認識した係員さん(60代くらいの男性)が、次に少し腰を落ち着けて、父の『生まれてから亡くなるまでの切れ目のない戸籍謄本』をチェックし始め、そして驚くべき発言をするのです。





「お父さんは養子に行ったんですね」






へっ???Σ(゚д゚;)





今何と?????




・・・よおし??? 父が???





ええーっ?!?!?!?!




(((( ;゚д゚)))




そのおじさん係員が何気なく放ったひとことは、私の人生における数少ない衝撃的瞬間でした。

だってだって、

父方の親戚は、盆や正月になると皆で集まってワイワイガヤガヤと賑やかで、そんな複雑な家族関係があるなんて、思いもよらないことだったから。



一瞬、頭が真っ白になるという、初めての経験をしました。





するとおじさんが今度は

「あー、なるほどなるほど。お父さん、すぐ養子縁組解消してますね。」



「うんうん♪ なるほど~」とぶつぶつ言いながら。父の『生まれてから亡くなるまでの切れ目のない戸籍謄本』を鼻眼鏡で読み進むおじさん。



私、頭がついていきません。




どこからどう見ても、まじめに律義に誠実に生きてきた父。周りの親戚も離婚など聞いたこともなく、健全な親類縁者達と信じ切ってました。そんな父の『生まれてから亡くなるまでの切れ目のない戸籍謄本』をチェックしたところで、問題なんてあるはずないと、1ミクロンも疑ってませんでした。

私自身で取り寄せた戸籍謄本ですから、事前にパラパラと目を通してはいましたが、古い部分は全て手書きになっているため、細かい上に読解が難しく、問題は無いと確信していたので真剣に読むこともせず、気楽にそのまま法務局に提出したのです。



それが、養子縁組して、すぐまた養子縁組解消しているというのですよ。

なにそれっ?! どゆことっ?!



そういうのって、歌舞伎役者とか、すごい資産家とか、そういう家でしか起こらないものじゃないの?????




もう相続の話より、そっちに気持ちがいってしまって、法務局でパニクってしまった私。


「・・・あのー、養子ってどういうことですか???」

恐る恐るおじさんに聞いてみると、

「戦前の話ですからね、御親戚のところに養子に出たようですが、すぐにご両親の元に戻ってます。お父さんご自身もご存じないかもしれませんね~」

なんでもないことのように話すおじさん。




父自身も知らなかったであろう話・・・ということは、父が知らなくてもどうでもよかった程度の話ってことのハズ・・・戦前のことだし。

父は次男なので、男の子がいない親戚に一度養子に出て、そしてやっぱり戻ったということかしら???戦前だから・・・それなら歌舞伎役者の家じゃなくても、資産家じゃなくても、あり得る話かも。



ペットボトルで持参したお茶を一気に飲み干したりして。

ようやく気持ちが落ち着いてきました。




『養子』なんて思いがけないワードを、思いがけない場所で聞いたら、頭に歌舞伎役者が浮かんで、我が家にも何か良からぬことがあったのかと、パニクってしまったw

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ




いやー、もうもう、ほんとに焦りましたw


法務局のおじさんは、戸籍謄本に書いてあることを言っているだけだから、帰ったら自分でよく調べて読解しようと思いました。

つづく


50歳代ランキング

にほんブログ村テーマ 上杉景勝へ
上杉景勝
天地人 直江兼続

さすがに養子のトラコミュは無かったので、
上杉謙信の
「養子」で、米沢藩初代藩主。直江兼続の主君。
歴史好きの方は是非!

最近ちょっとびっくりしたこと
父・父親・おとん
50代何でもトラックバック

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ