お盆前に母のところへ行ってきました。
わずか1泊ですが、喜んでくれたので良かったです。

今回しみじみ感じたのは、母が機嫌を損ねないように、優しく優しく接してあげられるのは、ごくたまにだからということ。

これは母が認知症ということとは別次元で、たまに会う親、義両親などにあてはまることのように思います。


同居30年のいとこの嫁

母の姉の長男(私のいとこ)夫婦は、結婚当初からずっと同居してますが、そのお嫁さん(以下Kちゃん)のことを、伯母や母から良い話を聞いたことがありませんでした。でも、実際会うと悪い人じゃないし、なんというか伯母や母の言い分に理不尽さを感じることもあったので、一方的にKちゃんが悪いとはとても思えないでいました。

しかも伯母の家、長男夫婦と同居するつもりで建てたと聞いていたから、当然二世帯住宅だと思っていたら、普通の一軒家でびっくり。つまり玄関もキッチンも、トイレもバスも一緒だということ。どんだけ顔合わせまくりなの?! 

Kちゃんは長年パートをしていて毎日4時頃帰宅するそうですが、もうその子供たちも巣立って、経済的には余裕があるハズなのにパートして毎日外に出ている!と伯母や母は憤慨するけど、その位の息抜きいいじゃない!と思う私です。

そんな状況で、遠方に住む弟夫婦が遊びにくると、弟は優しくてそのお嫁さんもとても感じが良いと褒めまくる伯母の話をうんうんと聞く母。母の話をふ~んと聞く私。

「たまにだから優しく出来るんだよ、ずっと一緒じゃそんなの無理だって。」

そう私が言うと、不機嫌そうに「何もわかってないのね」と不満げな母。私も一緒にKちゃんはひどい!と言えば気が済むようですが、思ってないのに悪口みたいなことは言えないし、言いたくない。

弟(これまた私のいとこ)は社交的で明るく朗らか、そのお嫁さんも穏やかで感じが良いのは事実。かたやKちゃんの夫の長男は、まじめだけど社交的な弟に比べると損をしがちなタイプなのは否めず、しかもその嫁Kちゃんはチャキチャキしてて、何でもソツなくパパッと出来てしまって、愛想がない(なくはないけど、あるというタイプじゃない)。

だから、比較されるとどうしても損するのは長男夫婦。でも、毎日一緒に暮らして、伯母夫婦の介護的ことを一気に引き受けている長男夫婦が、感じが悪いだの、冷たいだの、あれやってくれないこれやってくれないと言われる一方で、たまに遊びにきて、楽しく優しく接するだけですぐに帰る弟夫婦ばかり褒める伯母や母を、なんだかなあと思うわけです。

次男夫婦も、良い人たちだから私も好きですが、そりゃたまになんだから優しく出来るよな、と常々思っておりまして、それが最近、自分のことに置き換えて身に染みて思うようになりました。



”たまに”だから優しく出来る、”たまに”じゃなきゃ優しく出来ない


最近やっと、毎日のデイサービスのルーティーンに母が慣れたことで、頻繁だった電話やメールもなくなり、また父の逝去から、実家へ行くたびに済ませなければならなかった諸手続きがひと段落したことで、私が”しなければならないこと”はぐっと減り、短い訪問で済むようになりました。

そうすると、優しく出来るんです。
何度も繰り返される話にイライラしても、明日は帰れると思えば、うんうん♪と聞けるもんです。

父の墓参りに行って、夜はチラシ寿司、翌日は朝から鍋焼きうどん、昼は外でかつ丼、家に帰ってケーキを平らげ、母はご機嫌です。
(母はずっと痩せ型で小食ですが、認知症になって、かえって何でもよく食べるようになりました。)

こんなのは、日常じゃない。だからこそ楽しい。

そういうことを理解しない母は「娘と一緒にいるのが一番いい♪」と喜んでます。

私が帰る時間になると、「楽しい時間はすぐに過ぎちゃう」と寂しそうです。

でも、やっぱり短い時間でも私がイライラする場面はあって、”もうすぐで帰る” ことをモチベーションに我慢して笑って過ごしました。

母は娘に対しては昔から我が儘な人なので、そんな母に対応するのが面倒でうんざりで、ストレスでおかしくなるから、それを回避すべくさっさと退散するのです。

ほんと、たまの、短い時間だから笑顔で優しく、あちこち連れ歩いたり美味しいものを食べたり出来るんです。非日常だから。

認知症の母を置いて、退散出来る環境を整えることが出来たのは幸いでした。

ブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
夫婦、夫、妻
女性の素敵なライフスタイル♪

読んで下さってありがとう♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



ランキングに参加してます。
クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ