一昨年前のことだけれど、料理中に軽い火傷をした。

いつものように氷をしばらく当てればすぐに治ると思っていたのに、手の甲に薄っすらと茶色く残ってしまった。

場所が場所なだけに気になって仕方ない。

手の甲に茶色いシミだなんて、顔のシミ以上にイヤなものだ。

手は、顔よりはるかに手入れの差が出ると思っている。

気持に余裕が無ければ、手元の手入れになど気が回らない。





ちょうどその頃、ヤマイモをすりおろしたら、手の平にブツブツと赤い発疹が出て驚いた。今までそんなことは一度もなかったから、大慌てでアトピー系に強いと言われる皮膚科に駆け込んだ。

ついでに、その男性医師に手の甲も診せたところ、

「あー、これは女性は気になるでしょう。出来たばかりの火傷? それならハイドロキノンで色は取れますよ。」

”肌の漂白剤”とも言われる『ハイドロキノン』のことは知っていた。

プラセンタ注射をお願いしている別のクリニックで、シミ用に処方してもらったことがあるのだが、皮膚が赤くなってしまい、私には合わないと思っていた。

その話をしたところ、「うちのは保湿成分が多いから大丈夫だと思うけど、顔の皮膚は敏感だからねえ。手なら大丈夫じゃないかなあ。」

どうしますか?と逆に聞かれてしまって、とりあえず試してみることに。



クリニックで処方される『ハイドロキノン』は、市販のそれより高配合で効き目も高いと言われるが、保険は効かず、価格はクリニックによってまちまち。そして処方そのものも、クリニックによって微妙に違いがあるそうだ。



手の甲につけてみると、早速薄くなった”気”がした。

これなら顔につけても大丈夫そうだと思えたので、手の甲と顔のシミの気になるところに毎晩塗った。

効果が実感出来ないものだと続けるのは苦痛なのだが、効きそう♪と思えると現金なもので、欠かさず続けることが出来た。

手の甲の火傷跡は、すぐに対応したのが良かったようで一か月後には消えてしまった。

それで気をよくして、その後も顔のシミ対策に処方してもらった。

5g入りのチューブで、そこでは1本4000円だった。

感じ方は人それぞれだが、効くかわからない美白化粧品などよりも、よほど安いと私は思う。

そんなわけでこれを数本、私にしては地道に根気強く数か月続けたところ、確実に肌のトーンが明るくなった。

実はハイドロキノンはwebでも簡単に購入可能。



この辺りはレビュー数も非常に多いので、合わなければ即使用を中止するつもりでお試しするには良いのかも。



実は私も、クリニックへ通うのが面倒だったので、ネットで同等のものを買えるならばと試してみた。

でも、私には効いてる気がしなかったので、またもやクリニックへ舞い戻って処方して頂いた。

シミは色々なパターンがあるようだから、必要によっては内服薬やトレチノインと並行した方が、早く確実に治るらしい。

私はハイドロキノンだけを数か月続けたのだけど、肌のトーンが明るくなって、今でのファンデが全く合わなくなってしまった。

長年ずっと、黄みの強いオークル系ファンデを使っていたが、今はそれより一段明るい色がしっくりくるようになった。

良いことづくめのようだが、大きな落とし穴もあった。

実は肝心のシミそのものはさほど薄くならなかったので、全体のトーンが明るくなった分、かえってシミが気になるのだ(。・ω・)ノ゙

そうそう、ヤマイモの発疹はすぐに収まり、アトピーでもありませんでした。

にほんブログ村テーマ トレチノイン&ハイドロキノンへ
トレチノイン&ハイドロキノン
美容皮膚科だと、セットで処方されることが多いらしい。

『最上級のすっぴん美人☆』
(●´ω`●)

アラフォーからの本当のエイジングケア探し
私のアラフォー時代はエイジングなんて考えてなかったわ~

美肌&アンチエイジングにはこれが効く♪

お読み下さり感謝です。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

人気ブログランキングへ


クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ