長年捨てられなかった服をやっと断捨離しました。

それは15年超、もしかすると20年近く着なかったクードシャンスのヒョウ柄のジャケット。

043

実はこれ、同柄の超ミニのタイトスカートとのセットアップで購入しました。

別々ならまだしも、上下揃えて着ると、派手で水商売のような雰囲気さえ醸し出し、当時でさえ、なぜこれを買ってしまったのかと疑問に思うほどで。

脚が私より格段に細く、華奢な妹に、半ば押し付けるような形でミニスカートは早々に処分( -д-)ノ



ジャケットの方は、黒のタイトスカートと合わせたり、ジーンズの上にラフにはおって何度か着用したものの、結局殆ど着ないまま、今に至ります。


どうして今まで持っていたかと言うと、いつか似合うようになる気がしていたから。

アラサー時代は着こなせなかった服でも、この柄だけに、高齢になったら似合うようになると確信してました。

実際、時が経って似合うようになった服は他に幾つかあるのです。

だけどこれはもう、どれだけ待っても私に似合うことはなさそうだなと、数年前から薄々気づいてはいたのだけど・・・

ここまで長年捨てずにいると、『そこにあること』『捨てないこと』に満足感を覚えていたように思います。





人気ブログランキングへ



それを、つい先日、捨てました。


あっけなく、あっさりと。


ここ数年、毎年かなりの枚数を断捨離してますが、今回は今まで捨てられなかったものを思いきれたもの多数。

なんでも断捨離だ、ミニマリストだと、ブームのような風潮を、収納スペースを持てないことの言い訳?と、懐疑的に考えていた私ですが。

実家の片づけで、大量の衣類をはじめ、モノを捨てまくった経験上、着ないもの、使わないものを大事に取っておいても、本当に無駄なんだと悟りました。。。


勿論、取っておいて良かったものもないわけじゃない。だけどそういうものはごく稀であって、殆どは無駄。

そういうことを、実家の片付けでしみじみ痛感しました。

人は死ぬときは何ももっていけないんだと。  
 母はまだ存命ですがw

にほんブログ村テーマ 断捨離でゆとり生活へ
断捨離でゆとり生活

断捨離でゆとり・・・このタイトルに深くうなづいてしまうこの頃です。

そうそう、画像だと肩パットがやけに大きく見えますが、実際はこんなにバブルっぽくはないのですよ(*´Д`*)


 



お読み下さり感謝。
くだらない話におつきあい頂きありがとうございます。


にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ
暮らしの見直し

押入れ~クローゼットの収納

そこそこの衣装持ちではあるんですが、会社勤めだとか、頻繁に通うところがなければ、そう数多くの衣類は必要ない・・・ということに最近やっと気づきました。。。って、ほんと遅過ぎですがw


クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 


50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ