それにしてもやはり、認知症を理由に介護認定を受けた場合、その時点で強制的に運転免許返納すべきだと思いますが、どうでしょう?75歳以上は免許更新時に認知機能検査が行われますが、それ未満だと母のような危険因子が、するっと更新出来てしまいます。

もしかして介護認定と、運転免許管轄の役所が違うとか、そういう問題も絡んでるとか?いずれにしても、一番大事なことが後回しになっているような。。。


とにかく、現実はアルツハイマー型認知症で要介護2の介護認定を受けた母も、運転免許は有効で、つまり運転出来ちゃいます。

そんな母の運転を、なんとかして早く止めさせたいと、頭をひねっていたちょうどその時、タイミングよく車検の時期がやってきました。

それで、この機を利用しない手はない!と、整備工場のTさんに相談すると、

「車検で車を引き取って、不備が見つかりもう危険だから乗ってはダメ、ということで、そのまま返さずに廃車にするのはどうです?」とTさん。

強引だけど確実な、Tさんのこのプランに丸ごと乗っかることにしました。

ここまでが前記事までにまとめた出来事 
詳しくはこちらで → 免許返納大作戦 Part1 

作戦会議の翌日、母が車検以来の電話をかける

その作戦会議のまさに翌日、母がTさんへ車検依頼の電話をしたと、連絡を受けました。(母は独居で私は実家から車で数時間の距離に暮らしてます)

昨日の今日でもう?! 

あまりのタイミングの良さにびっくりすると同時に、車検の通知が来て、それを見た母がちゃんと理解して整備工場に電話をしていること、それなのに明日以降車は戻ってこないことを母が知るハズもないこと、そんなことをあれこれ思うと、複雑な気持ちでした。

「明日の午前中に、取りに伺うとお約束しました」とTさん。

え、、、もう、あ、明日ですか?  (作戦会議したばかりで早過ぎない?急過ぎない??)
はじめの威勢の良さはどこへやら、思った以上の展開の早さに、若干動揺する私。

「それからですね。」ここでTさんからのお願い事。

車検をしてそのまま車を返さないなんて、通常はあり得ないことで、あってはならないこと。もし、母がこんなことになっておかしいと、周りに騒ぎ立てたりすると、事情を知らない人は、それは整備工場が悪いと思ってしまう、説明すればわかるとしても、それでは困る。だから、母が連絡しそうな人達には、よく説明して、根回ししておいて欲しいと。

おっしゃることは全て至極もっともです。ハイ、それはお任せください。Tさんにご迷惑はかけません。

こんな会話をしているうちに、いつの間にか動揺はおさまっていました。

「じゃあ、明日はプラン通りでいいですね。」

ハイ、よろしくお願いします。



車検当日、Tさん芝居に入る

その翌日、車検当日、Tさんより電話。

これから母の家に向かう旨の報告を受け、私が了解すると、Tさんは張りのある大きな声で、

「これから芝居に入ります。それでは行ってきます。」

し、芝居?!
Tさん、もしかしてこういうこと慣れてる?
なんかすごいわ~ 拍手して送り出したい気分(。・ω・)ノ゙

・・・ちなみに、Tさんと私、面識はありません。
多分Tさんは私よりひと回りは目上の方かと思われます。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

その日の午後、母との会話(電話)

「車検に出したけど、代わりの車(代車)は要らないって言ったの。いつもの車しか運転したくないから、他の車持ってこられても困るでしょ。」

そっかそっか、そうなんだね~ 適当に相槌を打つ私w

「早く持ってきてもらわないと困る。私も忙しいから、行かなきゃいけないところがあってね・・・」

そっかそっか・・・・・

母、廃車を意外とあっさり受け入れる


それから数日後、

「あの車がね、もうダメだって!」と母。

「このところ調子が悪いと思ってたのよ。ほら何度も見てもらってるって話したじゃない?大事に乗っていたけど、もうダメだって。」

見てもらってるというのは、車の調子がなぜかおかしいとTさんを何度も呼び出した件。認知症による母の勘違いで、車はずっと無問題。

「えー、そうなの?!」   最後まで何も知らないフリ

「そうなのよ。Tさんがね、もうこの車は壊れてるから、このまま運転したら危険だって。」

「Tさんが言うんじゃ、残念だけどしょうがないね。」

「うん Tさんがね、あの車は壊れてて危険だって・・・・・」

現実の母の話は同じ話をループするする、またその話状態w
強制的に私が先を促して何とか話を進めます。

「だけどね、そろそろ止めてもいいなと思ってたのよ。」

「へえー そうなんだ。それならちょうど良かったね。」 

「ほんとにね、ちょうど思ってたところだったから。ちょと不便だけど、それもいいかなって。」

母の友人達に根回しして、母に免許返納を促す言葉をお願いしていたのが、功を奏したと思う!本人が納得してくれるのが一番です。無理やり返却させて変に意固地にさせると、後々にも響くと思ったし・・・

あー、色々やってきたことが報われた感で嬉しい♪母が無事故のまま運転を終えられたことにも感謝。そして、母がショックを受けている様子も特にないことに、ほっとしました。


でも、こっちが拍子抜けするほど、あまりにあっさり納得しているので、不気味なほどではありますが、とりあえず、良い。






後日、車を買おうかな♪と真顔で言い出す母に驚愕(゚∇゚ ;)エッ!?


長い文章を読んで下さってありがとう。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



とにかく、Tさんに感謝!

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加してますので、
クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ