カテゴリ:

前から気になっていたスヌーピーミュージアムに行ってきました。


036

ここの住所は一応六本木だけど、麻布寄りの閑静な場所にあります。

本家アメリカのサテライト美術館として期間限定(2016年3月~2018年9月)でオープン。

スヌーピーファンというわけではないけれど、キュートな外観が気になって、期間内に一度は足を運ぼうと思っていました。

040

館内は写真撮影OK。

にほんブログ村テーマ 美術館、博物館、ミュージアムへ
美術館、博物館、ミュージアム

展示物の殆どは、

039

こんな感じのマンガの原画? がほとんど。


そして、
037

チャーリー・ブラウンとスヌーピー。

これをズームするとこんな感じ↓

038


他に映像もあったりと、なかなか手の込んだ展示だったけれど、スヌーピーファン以外にはお勧めしないかな( -д-)ノ 


そうそう、4-5人の若い女性グループが、至る所で自撮りしまくってました。

あれはスヌーピーじゃなくて、『インスタ映え』スポットに来たと言うべきだろうけど、あれはあれで正しい楽しみ方だと思いました。会場側も、それを狙ってる仕掛けが随所にみられたし。





ところで、来場者の8割以上は女性で、数少ない男性は観光客か、デート客。

そんな中、多分私と同年代の日本人男性(つまり50代)がおりまして、

この方、白いパンツに濃紺のジャケット、シャツの色は忘れたけれど、それなりのお洒落をしていました。

何と言うか、ほどほどにこざっぱりしたお洒落感が、うちの夫の装いに通ずるものを感じまして。


これで、奥様と思しき方とご一緒ならば、同年代夫婦だな、というそれだけの関心で終わったのですが。


実際この方と同行していたのは、30前後の若い女性でした。

だから、娘さんといらしたんだと、最初は思ったのですよ。

スヌーピー好きの娘さんのために、娘さんに嫌がられないようにお洒落したのかなと。

微笑ましい思いで見ておりました。





人気ブログランキングへ







するとたまたま、見て回るペースが同じになり、暫くの間このお二方の近くで見学することになりました。最後はじっくり見ていた私の方がだいぶ遅れましたけど。


とにかくそれで、否が応でも二人の会話が耳に入り・・・

と言っても、聞こえたのは専ら男性の声だけ。

その話ぶりが、妙に軽いというか、やけに女性におもねるような、親子らしくない感じで。




その時ピーーーンときた私の脳裏には、ハヅキルーペのCMが(´∀`*)

舘ひろしが『娘』としゃべってるシーン。


あのCMが流れる度に、親子なわけない、不倫だ、キャバクラのおねえちゃんだと、夫とツッコミまくっていたので、

それが回想シーンのように頭をぐるぐるとよぎってしまい、ハッキリ言って、二人が近くにいた間はスヌーピーどころじゃなかった。。。(苦笑)

でも~ 親子の可能性も否定できないし・・・ぶつぶつと、その日の夕飯時に夫に話しましたら、

「そんなの絶対親子のわけがない、同伴前の営業だよ。」

だけど女の子、むしろ地味なくらいだったよ。男性一人でしゃべってたし。

「いかにもそう見えるのなんて、今は少数派。それが手なの。そういうのは水商売。」

そっか~

にほんブログ村テーマ **夫婦のコト**へ
**夫婦のコト**





いやいや、あっさり納得したわけじゃありません。

年の離れた男女の付き合いは、女性側の営業だと決めつける夫に、そうでないことも少なからずあるに違いないと、今まで何度か言ってます。

でも、こんな話で私が食い下がる必要もメリットも皆無だし、どっちが正しいという話でもなければ、結局どっちでも、どうでもいい話なので、適当なところで『そっか~』と言って話題は強制終了です。




そして、我が家では、ハヅキルーペの新しいCMも話題w

舘ひろし父娘の妙な空気感に比べれば、ミュージカルスター然とした渡辺謙さんはそのまんまだけど、菊川怜さんが、どうしてあんな役回りで出演をOKしたのかが謎。

いずれにしても、おじさま受けを狙ったCMなんだろうけど。

そう言うと、うちの『おじさま』(夫のこと)は、「全然受けない」と言うものの、

夫婦であーでもないこーでもないと言ってること自体、CMとしては大成功なのでしょう。

しかも、老眼鏡必須の50代夫婦だもの。ダーゲットとしてもばっちりだしね。

CMのせいか、試せる場所が増えてきて、実際何度かハヅキルーペを試しました。購入には至りませんでしたが。


にほんブログ村テーマ 夫婦、夫、妻へ
夫婦、夫、妻

にほんブログ村テーマ 男と女のお話へ
男と女のお話

お読み下さり感謝です。 



人気ブログランキングへ



クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 




『セーターはクリーニングに』が当たり前だったのはいつまでだったか、今、殆どのものは自宅で処理してます。

そして、今日は厚手のセーターをしまうべく、自宅の洗濯機でドライ洗濯しました



・・・・ら、洗濯ネットに入れ忘れ、毛玉だらけにするというあり得ない事態に。




しかも実は洗濯ネットに『入れ忘れた』のではなくて、あえて『入れなかった』のですよ。


セーターって、ネットに入れるもの???


と一瞬考えたものの、洗うのはカシミアとウールだけだから入れなくてもOK♪となぜか判断して、十分に納得して洗濯機に放り込んだのです。


『判断』して『納得』していながら、そもそもの判断を間違えるという、なんともお粗末な失敗。


いやいやお粗末どころか認知症の疑いアリなんじゃなかろうかと、まじめに疑いたくなってきたw

大丈夫か?私( -д-)ノ










そして、こんな時こそ毛玉取りクリーナーの出番。




昨年購入して時折使っているけど、今回の様に大量に毛玉が発生しても、落ち着いていられるのはこのクリーナーのおかげ。

大きな毛玉は勿論だけど、細かな経年変化のような起毛も、ことのほか綺麗になるので気に入ってます。 

詳しくはこちらで語ってます→

にほんブログ村テーマ 毛玉のお手入れ方法へ
毛玉のお手入れ方法

029

左がクリーナー使用前、右が使用後。

私が毛玉取りをガーガーやっていたら、夫がゴソゴソと持ってきて「頼むよ」と渡されたニット。

実際の色は真っ黒↑だけど、画像は光が飛んでいて毛玉もだいぶわかりにくいw

それでも左側の着古した感じが、右はだいぶ改善されているのがわかるでしょ?



このニット、20年ほど前にパリで買ったもの。

そう、『パリで』というのがキモ(笑)

人気ブログランキング

後年、ユニクロでそっくりのものが売り出されて、以来パッタリと袖を通さなくなったわけだけど、旅先で買ったものは思い出があってなかなか捨てられません。

毛玉取りをしながら、当時の思い出話。

パリと言っても高級店ではなく、旅行中、二人で歩きながら、偶然入った庶民的な店。

現地密着タイプの店だったから、店員が英語を話さない場合もあると思った夫が

" parlez angler?" (英語を話しますか?)

後から聞くと、『地球の歩き方』にあったから覚えていたというフレーズだそうだけど。

おおー フランス語話してるよ(*゚∀゚)っ すごーいw(゚o゚)w 

その時の私は素直にそう思って、その後英語でやりとりする夫を頼もしく思ったものです。



それから少し後になって、私は趣味でフランス語を学び始めて、仏語は彼より上達したけれど、あの時のインパクトは今でも忘れられません。



思い出話で、あの時なんて言ってたっけ?と聞くと、

「パルレ アングレだよ」



今でもすぐ、ちょっと自慢げに、言葉が返ってきます。

懐かしい思い出。

にほんブログ村テーマ ☆夫婦で過ごす素敵な時間☆へ
☆夫婦で過ごす素敵な時間☆




ところで冬の始めより、セーターが確実に何枚も増えてます。

しかも手持ちのセーターの半分以上、この冬は一度も袖を通していません。

これは潔く断捨離しなきゃね。

にほんブログ村テーマ 断捨離してますか?へ
断捨離してますか?

・・・なんて、書くのは簡単だけど、一昨年前にかなりの断捨離をした後なので、着なくてもそれなりに気に入ってるものばかりで、なかなか捨てられない~


それに、『今』じゃなくてもアラカンになったら着るかも?と思うものも多いし・・・でも収納がw こんな時はどうすればΣ(´д`;)

にほんブログ村テーマ そうじ・洗濯のコツ~きれい大好きへ
そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き

洗濯は好き。でもアイロンがけは好きになれず。

洗濯大好き ~毎日が洗濯日和~



お読み下さり感謝です。 



人気ブログランキングへ



クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 









結婚前、付き合いだした夫と初めて迎えるバレンタイン、私は張り切っていた。

まだ彼の好みもわからない当時、どんなチョコにしようかと迷いまくり、行きついたのが”自分が美味しいと思うチョコを贈る”ことだった。

ちょうどその頃、バレンタインの期間限定でフランス?の有名ショコラティエが店を構えるというニュースがあった。そこの売りはオランジェット(チョコレートをオレンジピールでくるんだもの)で、それが大好きだった私は、『これだ!』と即決して足を運んだ。

場所は表参道のモリハナエビル。約20年前、改築前のこと。

店の前にはお洒落な女性たちが長蛇の列を作っていて、順番まで1時間程度だったろうか、後にも先にも食べ物を買う為にそんな風に並んだのはこの時キリのような気がする。




確かグラム売りで、私が買ったのは1万円はしなかったけれど、そこそこのいいお値段だった。

そしてうきうき気分でバレンタイン当日、

ドライブデートの後、彼の家でコーヒー淹れて、チョコを食べようとリボンを開封した・・・・・・・



ら、







「あー、俺こういうの嫌いだから。」








「高級でもなんでもさ、俺はそこに価値を見出さないから、好きなら自分で全部食べたら?」









ぐぅの音も出ないというかね・・・




なんとも冷たい言葉に、もう涙も出ませんでしたわ。




これ、発言をまとめて要約して書いてるわけじゃなく、
本当にきっぱりはっきり、こういう風にさらりと言ってのけるんです。



結局言葉通り、彼は一つも口に運ばず、全て私が平らげました( -д-)ノ

それから何年か経って、友チョコや、自分に贈るチョコなどが出てきた背景には、多かれ少なかれ、男性には夫みたいなタイプ、少なくないのかも、と思ったり・・・





そして夫のスタンス、今も全く変わらず。


お世辞を言わず、容赦がない。 

いや、容赦は無くもないけれど、とにかく結構相当にキツイ。しかも、自分は正しいことを言ってるだけなのに、何がキツイかわからないらしーからタチが悪いわあ

こういう人だから、疎まれたり誤解されることも多いと思う。
その代わりウソがないので信頼性は抜群で、仕事でも、付き合いの長い人とはとことんな感じの様です。




でも、チョコは好きなんですよ。無駄に高級で好みに合わないのが嫌いのよう・・・



今年はロッテのラミーを大人買い。

009

食後はコーヒーと共に、甘いものを口にすることが多い我が家。

チョコレートは常に何かしら欠かさずあります。

冬季限定のラミーは中でもお気に入りで、

「(春になって)無くなる前にまとめて買っておいて」だって(笑


お読み下さり感謝です。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


人気ブログランキングへ


たまにはこんな話も・・・にほんブログ村テーマ 男と女のお話へ男と女のお話
・・・・・・・・・・・・にほんブログ村テーマ 夫婦、夫、妻へ夫婦、夫、妻

バレンタインデー

バレンタイン

クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



そろそろ、年賀状を買いに行かなきゃだわ。

・・・ちょっと待って、今年の年賀状からきっぱりやめたらスッキリした♪話を長々と記事に書いだばかりじゃないの?!

以前にも、私のブログに目を止めて下さった方ならば、もしかしてこう思われるかもしれない。

だって、長年うだうだどうしようかと悩んでいたのを、今年の年賀状からきっぱり止めて、おかげでスッキリしたと書いたばかりなのだから。

やめてスッキリ憂いなし


それなのに、何を今さら?????

答えは簡単。夫はやめていないので、その分の年賀状を買うという話。


私がやめようと思う話をしたところ、

「好きにすれば。

 でも俺は止めないよ。

 こんな時代にせっかく俺を思い出して書いてくれる人を、大した枚数でもないのに、何で自分から切る必要があるの。」

うすうす彼は止めないだろうと思っていた私。

夫の考えはごくまとも。

これはもう、年賀状に対するスタンスの単なる違いに過ぎず、どちらが正しいと言うような話じゃないから、自分のやり方を押し付ける必要はない。




私は止めてスッキリだけれど、年に一度くらい、伝えたい何かがある人もいるだろうし、50代、物心ついた時から長年欠かさず続けた年賀状だ、単純に止めたくないという人だっているだろう。

出すか出さないかなんて、自分の好きにすれば良いのだ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



結婚して数年は、二人で同じ年賀状を使っていた。新婚の頃は夫婦連名で出せることが嬉しかった。

しばらくすると同じ図柄を使いながらも送り主名を単独にするようになった。メルアドを印字するようになると、夫婦連名ではごちゃごちゃするからだ。

そのうち、ネットを使って印刷する図柄の選択肢が増えると、シンプルながらもほっこりと温かみのある画像を選びたい私と、シンプルかつ堂々とした王道的絵柄にしたい夫とで、それぞれ別々の年賀状を作るようになった。


そんな前提があるので、私が止めたところで夫は痛くも痒くもない。

親戚関係は連名で出していたけれど、数年前、父が亡くなったのを機に私側の親戚にはほぼ出さなくなった。と言っても付き合いは何ら変わらず、もともと年賀状送付の有無如きで変わる関係ではない。

夫側の親戚とは、私はあまり密な関係ではない。皆良い方ばかりで関係がよろしくないのではない。恐らく子供がいないことで、密な関係を持つ機会を逸してしまったのだろう。それに、今年は義父が亡くなり賀状のやりとりはないから、尚更夫の裁量に任せておけば十分だ。


ということは、夫に今年必要なのは、年賀状じゃなくて喪中の挨拶!

え、まだ何もしてないんですけど・・・・(汗
これ書いててやっと気が付くなんて。゜゜(´□`。)°゜。
情けない妻だこと。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


にほんブログ村テーマ 年賀状♪へ
年賀状♪


すぐに夫に言ったら、「わかってる、もう間に合わないからいいよ」と。


「今年から私は年賀状やめてるから、そこに思いが至らなかった。申し訳ない。」とも伝えました。やっぱりね、いくら何でも本来は専業主婦である私が気づいて対処すべきことだと思うから。


夫、喪中はがきの出し忘れ、もう少し慌てるかと思ったんですけどねえ・・・

来年欠礼の寒中見舞いを出すのかしら???それともこの様子だと、このままフェイドアウト???

いずれにしても、何でも自分で出来る人なので余計なことは言わないでおきます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ




にほんブログ村テーマ 手紙 年賀状・暑中見舞い・カードへ
手紙 年賀状・暑中見舞い・カード

写真は自宅プリントよりコンビニの方が綺麗だと思うw

写真プリント・プリンター

切手だけは、何度も当たったなあ・・・


年賀状 お年玉番号

50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 






今日もまた、夫とランチに出かけた。

行く店が、自転車で行ける距離の時、私は自転車、夫は徒歩。
だから夫には先に家を出てもらい、現地集合である。

最近は大抵このパターン。帰りも別々。私はついでに好きなところに寄って、買い物をして帰る。

こんな話をしていたら、せっかく夫婦で外食するのに、行きも帰りも別々なんて、なんだか変わってる・・・そんな反応を感じたことがあった。確かに、ハレの日としての外食ならばそう思うのも無理はない。



しかし我が家は専業主婦と、自宅で仕事をする夫の二人である。四六時中一緒にいて、朝食だけはそれぞれ勝手に食べるものの、昼と夜はほぼ毎日一緒である。そんなわけで二人で外食も頻繁だけれど、別々に行き来するのはちょっとした生活の知恵だと思っている。

夫がオフィス通いしていた頃、二人での過ごし方は当然今とは違っていた。

家にいる時間が長くなると、妻のストレスは増す。逆もまた然り。

そんな生活も慣れてくると、たまの不在が嬉しい筈が、意外と変な感じがして、早く帰ってこないかな、なんて思うのである。

ところで、前回も書いたけれど、夫は気に入った店をリピートする傾向にある。傾向どころか、はっきりいってヘビロテ三昧だ。新しい店に行って、失敗するのがたまらなくイヤらしい。


070

インドカレーの店、と言えば、ナンで食べるのが王道だけれど、この店のライスは日本の白米ではなく、インドのバスマティ米なのだ。タイ米よりもさらに細長くてパラパラの米は、スパイスたっぷりでさらりとしたインドカレーに合い、私はとても気に入っている。

そういえばだいぶ前のコメ不足の時(1993年)、スポットを浴びたタイ米が、まずいのなんだのと散々な言われようだったことは、タイの方々に申し訳なかったと今さらながら思う。

日本の食事に、日本の米が最高に合うのが当然なように、タイ料理にはタイ米が一番美味しく、インド料理ならばインド米なのだ。(バスマティ米は、インドの高級米の名前。タイで言うところのジャスミン米的な存在かと)

071

同じ店にて。先週の図。

私は三種のカレーを選んでいつものバスマティ米と。
同じ店ばかりはつまらない、などと散々言ってたくせに、なんだかんだで私もヘビロテ三昧だ。いやはや慣れとは恐ろしい。。。

そして夫はお気に入りのマトンのビリヤニ。
鮮やかなライスの下に、骨付きマトンがごろごろと隠れている。

ビリヤニとは、インド風の焼き飯。
ここにヨーグルトやさらさらのカレーをかけて頂く。

日本の米を使ったカレーピラフのような、なんちゃってビリヤニが出てくる店が多いのだが、この店は本格的。スパイス使いも、日本のそれと違って豪快である。



食後はユニクロのセールを見に行った。

私の買い物に夫は付き合わないが、夫の買い物には付き合ってあげねばならぬ。

50代半ばのビシッとスーツを着た男性が、平日昼から一人で銀ブラでは、さすがに居心地が悪かろう。もともと『寄ってくる店員』が大の苦手な夫である。ユニクロにそんな店員はいないが、デパートだと必ずやってくる『寄ってくる店員』を、私があしらわなければならない。店員さんとの会話もTPOによってはそれなりに楽しいろ思う私とは正反対である。

銀座のユニクロは、大型店舗と言われるけれど、いかんせんワンフロアが狭く、メンズ売り場の7Fだか8Fまでエスカレーターで根気強く上がらねばならない。それに外国人観光客も多く、常に結構な混雑である。

私が独りで見るときは、専ら旧プランタンの上階に行く。ここはレディース専用店舗で、ワンフロアで見ることが出来て見易いのだ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


さて夫。目ぼしいものを幾つかチェックしていたものの、結局食指が動くほどのものは無かったらしい。

一緒に店舗を出ると、夫は家路についた。

私は、旧プランタン(マロニエゲートという名称に、未だ全く馴染めない)に行こうと思っていたけれど、ロフトやハンズで来年の手帳やカレンダー吟味することにした。カレンダーはともかく、大して使いもしないのに、手帳や文房具をあれこれ見るのが好きなのだ。

そうこうして店を出ると、まだ5時前というのに辺りは暗く、イルミネーションもキラキラし始めていた。

暗いし寒いけれど、キラキラは好きだ。

早いもので、あと一週間で師走である。

キラキラの時期がやってきたと思うと、ちょっとウキウキしてくる♪

にほんブログ村テーマ 幸せなランチの過ごし方へ
幸せなランチの過ごし方
ランチなに食べました?

無印の小物は好きだけど、衣類は断然ユニクロ派♪

大人が着る無印とユニクロの服

アウターのユニバレは、極力避けたいバブル世代☆私だ

ユニクロだよ!

50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 





↑このページのトップヘ