カテゴリ:

昼に夫とお寿司を食べました。

回るお寿司ですが、カウンターに職人さんがいて、オーダーすると握ってくれ、味も良い。だから昼も夜も行列してます。私たちは中途半端な3時頃に到着したので、さすがに行列はなかったけれど、店内満席でした。

大好きなボタン海老やホタテを堪能して、中トロも程よい脂で美味しくて、ウニの軍艦巻きを頂いたら、これがなんともオイシクナイ。

おかしいなあ、隣の人が食べてたウニは、もっとこってりと美味しそうだったのに・・・

メニューをよーく見直したら、【ウニの軍艦巻300円】と【極上ウニの軍艦巻600円】が別々のページに掲載されてる。ワカリニクイ

私が注文した300円のは、冷凍ウニで見るからにポロポロでしっとり感もないヤツだったというわけ。300円損した気分。600円なら満足したろうに。



ところで、お昼を食べに3時に到着。いくら何でも遅過ぎます。
少しずらして2時頃着くようにしようと話していたのに、予定より1時間遅れました。予定の時刻にすっかり身支度は整い、さあ出かけようとなったのです。ところが、

「なんだよその服。おかしーよ」
「え??? 何で?」

ちなみにこの時の恰好は、黒のブラウスにグレーのワイドパンツというシンプルないでたち。何がおかしーのかさっぱりわからない。

「何で胸元がそんなに開いてるの?おかしーよ」

ブラウスは前ボタンタイプだけど、襟元の部分がちょっと変わったデザインで、一つ目のボタンが胸元近くにあるのです。海外ものだからか、確かにちょっと胸元開いてるなとは自分でも思い、エアリズムを着たけれど・・・
ところで今の時期、ヒートテックかエアリズムか、それが問題だ( -д-)ノ

「カウンターなんだからさ、見えるとみっともないよ。着替えなよ。」

そう言われましても、季節の変わり目、何を着ようか迷いまくってやっと決めたのに、お腹ペコペコだし、服なんてもう考えたくない(´・ω・`)ムスッ

しばらくすると、私の部屋にひょっこり覗きにやって来て、一向に着替えを始めない私に

「胸元をピンで留めるとかさー」

ん?

なるほど、着替えなくてもそれでいいのか。それなら閃いた

エアリズムを前後逆に着ればいいのだ。あれはタグも付いてないからね。

一件落着♪ 良かった、さあ出かけよう!

「なんだよ、そのバッグで行くの?」

「・・・・・」えっ、何?今度はバッグ?うるさいなー

「今日は雨降りそうだって言ってたじゃない。濡れたらイヤでしょ。」

「・・・・・」別に、拭けばいいだけだから

「プラダじゃなくて、ロエベにしたら?」

「???濡れたらイヤなんじゃないの?ロエベは濡れていいんだ?」 

「ああ、じゃあ他に何か・・・」

もうもうもう!本当にうるさいなー。イライラしながら肩掛けの、ざっくりしたノンブランドの黒バッグをごそごそと取り出しましたら

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

「それは安っぽいって。千円位で売ってそうなバッグに見える。」

「これ結構気に入ってるんだけど(#`Д´)ノ」

「だからって、モノには限度ってものがある」

「限度って?」

「あんまり安っぽいのはやめろよ。」

「だからこれ気に入ってるんだってばっ!」

もーーーお( ̄‥ ̄)=3 フン

いつもいつも、どうして行く間際になって、こういうことを言うのだろう。



ここでブチ切れて、不機嫌になって、『もういい、行きたくない』こう言って、
結局どこにも行かずに二人とも憮然としたまま険悪な状態が続くことは、過去に何度も何度も何度もあった。あれは本当にイヤなもので、お互いに相手が悪いと思ったまま、嫌な気分が一日ずっと続いてしまう。

あれは避けたい。何が何でも避けたい。そのためなら、このやりとりのくだらなさ、バカバカしさ、面倒臭さを乗り越えた方が断然良い。やっと最近気づいたのだ。一瞬イライラするけれど、美味しいものを食べれば帳消しになるしね。それに、こうしてブログネタにもなるし♪

ぐぐぐっとこらえて、古いロンシャンの黒革バッグ出した。。。ら、
またもやあれやこれやとあったわけですが、もうなんだか似たような話のループなので、今日のところはこの辺で割愛しときますわw

そんなこんなでノロノロ、バタバタして、寿司屋の到着が1時間遅れたのでありました。


にほんブログ村テーマ 今日の私と旦那♪♪へ
我が家の旦那様
今日の私と旦那♪♪


読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



今買おうかどうしようか迷っているのは、ユニクロのウルトラダウンのコンパクトジャケット。

もう既に、お持ちの方も多いと思われる、コンパクトにギュギュっと小さく折り畳めて便利そうなアレです。

定期的にチェックするユニクロで、初めてそれを見た時は、ダウンなのにインナーとして着るなんて?!ナイナイ、私があんなのを着るなんて絶対アリエナイ
そう思ってました。

ところが一昨年の冬、ダウンはお洒落じゃないから着ないと豪語していた同年代のお洒落なオフィスワーカーが、初ダウンとしてそれを買い、「結構便利でね、色違いも買おうと思ってるの。あったかいしー」と言うのを聞いて、俄然興味が湧いてw

そして、これは便利そう!私も欲しいと思ったのが昨年の冬。

ユニクロで、欲しいと思うものは大体サクッと買ってしまうのですが。今回はかなり躊躇してます。

理由は夫。

『上着にユニクロはやめろよー』とうるさいのです(*・ε・*)ムー

そう言う本人、気づけば全身ユニクロコーデなんてこともザラw

でも夫、家の中では秋冬手放せないユニクロフリースも、外には決して着て行きません。さすがにそれは私も同じだけど、夫の場合、マンション内にあるゴミの集積ルーム(自宅と同フロアで数十メートルの距離)へ行ってすぐに戻る時さえ、きちんと着替えて出ます。

私なんて、ちゃちゃっとパジャマのまま持っていくことも多々。勿論よそ様がいないのを確認して、実際パジャマ姿を見られたことはありません。でも、そうやって行こうとするのを夫に見つかると、怒られます( -д-)ノ

この話、語ると長いです。ああ語りたいw

でもユニクロ話から逸れていくので、今回は軌道修正をば。

とにかく、上着にユニクロはやめろよ~ という気持ちは、わかる。特にコートやジャケットで誰かと被るのは避けたいし、そう思うならユニクロは避けるべしである。でも、本当に気に入ったなら好きなものを着ればいいと思うし、今回私がチェックしているライトダウンは、ダウンだけどインナーというか、ガーディガン的位置づけだと思う。


先日、一緒にユニクロに行った時、

ウルトラダウンを指さし、「ねーねー、これどうかな?便利そうなんだけど」と私が言うと

「これ?!ペラッペラじゃん?!こんなヤスッポイのやめとけ。」

案の定、あっさりとバッサリ、一刀両断ですわ(; ̄Д ̄)

いやいや、そのペラッペラがいいんだって!だから便利なの!とここで言っても伝わるまい思い黙っときました。

この辺りのダウンなら、うるさいことは言われませんが

価格差ほどの価値を見出せない・・・

それでも、なんだかんだ言いながら、いい年して結構夫の意見は気にします。どうしてかと言えば、夫は家で仕事をする時間も多く、一緒に居る時間がすこぶる長いのです。(太字とアンダーラインで強調したいことデス)

だから、平日日中のちょっとした外出時の服装も、ほぼ全て夫の目に入ってしまいます。例えば古い服を引っ張り出して、少し時代遅れかなあと思いながらも、近所のスーパーに行くだけだし、まいっか、とこっそり出かけようとすると、急に廊下に出てきた夫に見つかって、

「どうしたんだっ、その古臭い恰好はっ?!?!」

「あー、やっぱり古い感じする?」

「するよー なんだよその恰好」

「まあちょっと、スーパー行ってくるだけだから」

「それで出かけるの?!やめろよー」

「すぐ帰ってくるからっ!」

「だったらすぐ着替えて行けばいいじゃん。それはさすがにやめとけ(真顔)」

「・・・・・」

「なっ(まだ真顔)」

「・・・・・・・・( ̄・・ ̄)」




あー面倒臭い。

結局着替えて出かける私。

友達に話すと、「関心を持ってくれていーじゃん、幸せだよ」と決まって言われます。確かに良い夫です。冷静に考えればありがたい話。

でもでもでも、家で一緒に居る時間が本当に長いので、面倒臭さに拍車がかかってます。



実はムカついて、着替えずに出かけるのをやめたことも過去に何度も。その度に夫も不機嫌になって、それを見て、貴方のせいだから!とさらに不愉快になる【負のループ】に。。。 だったら、【面倒臭い~!!!】と騒ぎながら、着替えてしまった方がよほど楽。そのことにやっと最近気づきました。


にほんブログ村テーマ 今日の私と旦那♪♪へ
我が家の旦那様
今日の私と旦那♪♪

大人が着る無印とユニクロの服
大人のユニクロ コーデ

読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります。
よろしくね(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



結婚以来一度も働いたことはありません。

とはいえバブル世代、男女雇用機会均等法が施行され、女性もバリバリ働くのが当たり前になった時代。だから専業主婦なんて真っ平ごめん、ずっとそう思ってました。

でも、人生はそう甘くなく、時代のおかげで大企業に入社したものの、仕事は面白みが無く、早々に転職し、挫折して、また転職を視野に充電していた頃、夫との結婚が決まり新生活が始まりました。

結婚は30代前半だったので、仕事への意欲はあったものの、就職した早々に妊娠産休ではバツが悪い・・・もやもや考えながらの専業主婦、次第に暇を持て余すようになり、本格的な就職じゃなくても、何か仕事を・・・と考えて夫に相談したところ、

夫は急に顔色を変え、不機嫌になりました。

そして、その時の言葉は今でも忘れられません。
夫はすっかり忘れてるらしい

「どうしてもやりたい仕事があるなら別だけど、ただ暇だから、小遣いが欲しいからという理由なら賛成しない。たかだか10万20万のために、バタバタ過ごすのはやめてくれ。贅沢させるほどじゃないけど、十分渡してるつもりだよ。」

「たかだか10万20万」と夫は言ったんです。すごいなあと思いました。
私は夫の正確な収入を知りませんが、払う税金の額を聞いて、相当な収入であることはわかってました。でも普段はとても倹約家で、ひと駅手前で降りて歩いたから10円得した♪と喜んでいる人です。

そんな夫の指摘は、大当たりでした。
以来、私は専業主婦です。
やりたい仕事なんてなかったから。

夫があの時不機嫌になったのは、急に妻がパートなどと言い出したことへの不快感だけでなく、暇だからパートでも♪ という浅薄な考えを察したからに間違いありません。

夫の発言を聞いた私は「わかった」とひとこと言って、この会話は終了しました。


・・・もう20年近く前のことを思い出しながら、今気づいたことがあります。

今の私が、何か夫に相談して同じようなことを言われたら、「わかった」のひとことで話を終わらせる筈がないということ。

なんで?どうして?と不機嫌に言い返し、さらになぜ自分がそういう発言に至ったかを、さも自分は正しくて、夫は何もわかっていないとばかりに、延々と語るに違いありません。



ああ、これは当時の私の方が明らかに賢い。

ブログを書いていると、思いがけない『気付き』があります。

これは、、、大いに反省の余地ありです。
このところの私は、夫が悪いと不満に思うばかりで、自分のことは棚の上でしたがこれではいけませんね。

夫婦って、一方的にどちらかだけ悪い・・・というのは意外と少なくて、どっちもどっちなことが多いというのが私の持論。

そう、そんな持論だったわ(すっかり忘れてたw)

本当に一方的にどちらかが悪い時、それはもう修復不可能で、離婚に向かうような、そんな次元じゃないかなって思います。

ブログの『気づき』に感謝。


にほんブログ村テーマ 主婦のライフスタイルへ
主婦のライフスタイル

主婦のストレス 

主婦の独り言

読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります。
よろしくね(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



扇風機の話を書いていて、もう何年も前のこと、あるマンションのモデルルームを見学した時、シングルベッドが置かれた6畳程の部屋を子供部屋だと思っていたら、その家の妻の寝室という設定だと聞いたことを思い出しました。

営業さんの説明では、モデルルームのインテリア装飾は、そこに住む家族構成やライフスタイルを考えて作っているそうです。なるほど子育て家庭とDINKSでは部屋の構成は違うだろうし、シニア夫婦ではまた違う。

当のモデルルームはシニア夫婦二人だけでなく、会社勤めをする一人娘も同居中の3人住まいで、夫の職業は大学教授か会社役員だったか、比較的高収入な部類。そしてその妻は、自分磨きと趣味を楽しむ日々を過ごすという設定でした。

モデルルームの設定に、そこまで細かい家族設定をするのかと驚いたけれど、そうすることで飾る花やカーテンの色、家具のチョイスが具体的に色付いて、リアリティを持たせることになるのですって。ドラマのセットと似てるかもしれないと思います。

物件探しをしていた頃、ここぞという物件は週末に夫と同行したけれど、マンションのモデルルームはインテリアの参考になることが多く興味深かったので、平日に私が一人で訪ねたことも多かったです。

平日昼間の空いてる時間帯なので、営業さん達も時間があるのか、説明も懇切丁寧。

その時対応してくれたのは、30代前半位の女性で、『妻の寝室』設定のその部屋で、”家族設定”をひとしきり説明してくれた後、
「最近寝室別々を希望するシニア夫婦が多いですから」とひとこと。

そういうものなのかと私がいちいち感心して相槌を打つものだから、嬉々として説明してくれたような気がします。当時の私は、別室にする理由を「起きる時間や寝る時間の違い?」程度しか思いつかなかったのだけど、

「いびきがうるさいとか、トイレに行く気配で起きちゃうとか、結構シビアな理由もありますよ」と。

他にも、寝る前に本を読みたいとか、TVを見たいとか、相手に気を遣わずにやりたいことが増えるのも理由みたい。

そして、前記事で指摘した”体感温度の違い”というのも立派な理由に違いない。

そういう声をリアルに受けてのモデルルームだそうで、
「奥様側から希望される場合が多いです」だって。納得。

さて、マンション住まいの我が家。
キッチンの一角を自分のワークスペースとして利用したいと考えていたけれど、思いがけず部屋数に余裕があったので、一室を私の部屋として使ってます。

備え付けのクローゼットの他に、片側の壁一面にクローゼットを設置して、逆の壁側に幅広のデスクを置いて、私の衣裳部屋兼作業部屋の完成。

風邪を引いて咳がひどい時や、ぎっくり腰で硬い布団が良い時限定で、年に数回布団を敷いてこの部屋でひとりで就寝するけれど、今のところベッドを持ち込む考えはまるでない。

というか、私はそもそも夫の気配がある方が、安心して眠れるタイプ。

それぞれのライフスタイルによって、その夫婦に合った形というのがあるのでしょう。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
夫婦、夫、妻
女性の素敵なライフスタイル♪

ご訪問ありがとうございます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



ランキングに参加してます。
クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 


盛夏らしからぬ、どんよりした曇り空が続く関東地方。
暑過ぎるのはイヤだけど、夏らしい青空や、真っ白な入道雲が恋しい。

曇っていてもムシムシと蒸し暑い日々、アジアの夏ってどうしてこうなんだろうと、知ったかぶって独り言。

そんな日本の夏、私が子供の頃は、30度を超す日なんて滅多に無かったと思いますが、日本が亜熱帯になったなんて話も、まんざら大袈裟ではない気がします。

ちょっと調べてみました。

夏 日 最高気温が25℃以上の日
真夏日 最高気温が30℃以上の日
猛暑日 最高気温が35℃以上の日
熱帯夜 夜間の最低気温が25℃以上の日


なるほど5℃の変化で名称が変わるんですね。


扇風機


さて、さすがに日中はリビングの冷房をずっとつけてますが、就寝時はかえって体にキツイので、寝室のエアコンは宝の持ち腐れで扇風機のお世話になってます。

最近は、体に優しいそよ風のような微風が出る扇風機がお気に入り。
そんな高級扇風機の先駆者的グリーンファンは、お値段ちょっとお高めですがそれだけのことはあります。
\★ポイント10倍★あす楽対応★送料無料★/【BALMUDA バルミューダ The GreenFan グリーンファン EGF-1600】【扇風機 DCモーター ファン 静音 省エネ サーキュレーター 風 自然 日本製 】

ポイントは、”DCモーター搭載”。

従来の扇風機であるACモーターとの違いは、紙が吹き飛ばないほどの微風を出せる点と、風力調節が細かく出来る点。従来の「弱中強」のような三段階だと、「弱」でも就寝時には強過ぎるほどですが、DCモーター搭載の扇風機はもっと弱いそよ風に設定できます。

最近はDCモーター搭載でもお手頃価格な扇風機が増えて、どれを買おうか迷うところ。
【あす楽】 山善(YAMAZEN) DCモーター 風量4段階 30cmリビング扇風機(フルリモコン)入切タイマー付き 静音モード搭載 YLX-LD304(W) ホワイト DC扇風機 リビングファン サーキュレーター おしゃれ 【送料無料】

ところで寝室は夫と一緒で、扇風機は夫側に置いてます。

私がうちわで緩く仰ぐようなやんわりとした風に設定しても、夫はそれでは暑いらしく、ピピッと風力を強めてしまいます。

そうすると、私にはとてもキツイ。夫の方が扇風機に近いから、その体が多少の防波堤にはなるものの、特に太っているわけでもない夫の体の防波堤では、結構な風が私にも当たり、翌朝キツイ。。。

夫に合わせると、寒くて私がキツイ。私に合わせると、暑くて夫がキツイ。。。

どこの家でもありがちなことだと思いますが、皆さんどうされてるのかしら?

我が家の場合、私が厚めのタオルケットをかけて問題解決♪ 

・・・と思ったものの、眠ってる間にタオルケットを無意識に剥いでしまい、結局扇風機の風が当たって寒いという堂々巡り。。。

それで思いついたのが、羽毛布団を夫と私の間にふんわりと丸めて置くことでした。

羽毛布団


羽毛布団は軽いので、寝返りをうっても落ちないための経験則から、縦横2m超の大きめサイズを使ってます。なので、それをくるくると巻いてベッドの真ん中に置くと、立派な防波堤になり、扇風機の風をよけることが出来ます。暑くなったら布団を腕で抑えれば、夫の向こう側から風がきます・・・って、私は何の説明をしているんだか。

【送料無料】 生毛工房(うもうこうぼう) 高品質ポーランド産 ホワイトグースダウン95% 生毛(うもう)ふとん PR-310(本掛/キングロングサイズ/230×230cm)【羽毛布団】【日本製】

幸いベッドはそれで手狭になることはありませんが、夫婦の間に仕切りがある、この状態を見たら、家庭内別居ならぬ寝室内別居の、問題アリまくりな夫婦と思われること必至です。

体調が悪い時など年に数回、自分の部屋で寝起きすることはありますが、寝室そのものを別にするという考えは今のところありません。

現在私の部屋に置いてるのは、羽根のある扇風機よりもコンパクトなこちら
ダイソン AM05 ファンヒーター | Dyson ホットアンドクール [AM05WS] <ホワイト/シルバー>(扇風機・ファンヒーター)

ダイソン公式ですが、今は空気清浄機付きがメインらしく、いつの間にかアウトレット↑に。私は空気清浄機にモチベーションが無いので、このタイプで十分です。
もちろんDCモーター搭載なので微風もOK。というか、微風好き向きと思われます。風力調整は1~10段階まであるものの、7~10の”強”レベルにすると、機械の音がゴーと凄くて、使い続けることに罪悪感を覚えるレベル。暑がりの男性には物足りないでしょう。

これ一台でホットもクールも両方で、場所を取らずに優しい風が出るので、私の部屋では大活躍。当初は寝室に置くのもいいなと思っていましたが、これは私専用でちょうど良い感じです。



それにしても、年を経ると寝室は別々がいいと言うご夫婦が増えるのも納得です。
活動時間などのライフスタイルの違いだけじゃなくて、体感温度の違いは別室にする大きな要因になると思うから。

私はなんだかんだ言いつつ、やっぱり一緒がいいな。
安心感が違います。今のところは(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


そういえば、エアコンのTVCMで、暑がりさんと寒がりさんが同じ部屋にいても、双方にちょうど良い温度調整をしてくれるのがあるでしょ、あれどうなんでしょ?本当にCM通りにしっかり温度調整してくれるのか、誰かに使い心地を聞いてみたいw

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ブログ村テーマ
もっと心地いい暮らしがしたい!
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
夫婦、夫、妻
女性の素敵なライフスタイル♪

ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



ランキングに参加してます。
クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



↑このページのトップヘ