カテゴリ: 実家

父の逝去に伴い、相続手続きを行い、その時に知った法律のことや手続きのことを、しろうと目線であれこれ綴っています。



今回は、土地家屋の相続登記をするべく、法務局で実際に書類を提出した時のお話。

必要な書類を完璧に揃えたので、郵送でも良かったのだけど、人生で法務局に行くなんてそうあることじゃないしなあと、興味本位で足を運ぶことにしました。

事前に予約をしていたので、時間になると呼ばれて書類のチェックが始まります。

ザっと見て、ほぼ書類が揃っているのを認識した係員さん(60代くらいの男性)が、次に少し腰を落ち着けて、父の『生まれてから亡くなるまでの切れ目のない戸籍謄本』をチェックし始め、そして驚くべき発言をするのです。





「お父さんは養子に行ったんですね」






へっ???Σ(゚д゚;)





今何と?????




・・・よおし??? 父が???





ええーっ?!?!?!?!




(((( ;゚д゚)))




そのおじさん係員が何気なく放ったひとことは、私の人生における数少ない衝撃的瞬間でした。

だってだって、

父方の親戚は、盆や正月になると皆で集まってワイワイガヤガヤと賑やかで、そんな複雑な家族関係があるなんて、思いもよらないことだったから。



一瞬、頭が真っ白になるという、初めての経験をしました。





するとおじさんが今度は

「あー、なるほどなるほど。お父さん、すぐ養子縁組解消してますね。」



「うんうん♪ なるほど~」とぶつぶつ言いながら。父の『生まれてから亡くなるまでの切れ目のない戸籍謄本』を鼻眼鏡で読み進むおじさん。



私、頭がついていきません。




どこからどう見ても、まじめに律義に誠実に生きてきた父。周りの親戚も離婚など聞いたこともなく、健全な親類縁者達と信じ切ってました。そんな父の『生まれてから亡くなるまでの切れ目のない戸籍謄本』をチェックしたところで、問題なんてあるはずないと、1ミクロンも疑ってませんでした。

私自身で取り寄せた戸籍謄本ですから、事前にパラパラと目を通してはいましたが、古い部分は全て手書きになっているため、細かい上に読解が難しく、問題は無いと確信していたので真剣に読むこともせず、気楽にそのまま法務局に提出したのです。



それが、養子縁組して、すぐまた養子縁組解消しているというのですよ。

なにそれっ?! どゆことっ?!



そういうのって、歌舞伎役者とか、すごい資産家とか、そういう家でしか起こらないものじゃないの?????




もう相続の話より、そっちに気持ちがいってしまって、法務局でパニクってしまった私。


「・・・あのー、養子ってどういうことですか???」

恐る恐るおじさんに聞いてみると、

「戦前の話ですからね、御親戚のところに養子に出たようですが、すぐにご両親の元に戻ってます。お父さんご自身もご存じないかもしれませんね~」

なんでもないことのように話すおじさん。




父自身も知らなかったであろう話・・・ということは、父が知らなくてもどうでもよかった程度の話ってことのハズ・・・戦前のことだし。

父は次男なので、男の子がいない親戚に一度養子に出て、そしてやっぱり戻ったということかしら???戦前だから・・・それなら歌舞伎役者の家じゃなくても、資産家じゃなくても、あり得る話かも。



ペットボトルで持参したお茶を一気に飲み干したりして。

ようやく気持ちが落ち着いてきました。




『養子』なんて思いがけないワードを、思いがけない場所で聞いたら、頭に歌舞伎役者が浮かんで、我が家にも何か良からぬことがあったのかと、パニクってしまったw

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ




いやー、もうもう、ほんとに焦りましたw


法務局のおじさんは、戸籍謄本に書いてあることを言っているだけだから、帰ったら自分でよく調べて読解しようと思いました。

つづく


50歳代ランキング

にほんブログ村テーマ 上杉景勝へ
上杉景勝
天地人 直江兼続

さすがに養子のトラコミュは無かったので、
上杉謙信の
「養子」で、米沢藩初代藩主。直江兼続の主君。
歴史好きの方は是非!

最近ちょっとびっくりしたこと
父・父親・おとん
50代何でもトラックバック

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 




認知症の母が、実家を水浸しにしてしまい、住める状態ではないということで、現在母は施設にお世話になっている。

それまで嫌がっていた施設でのお風呂や洗髪も、今回勧めると素直に従ってくれたのだそう。

母は、長年かつらを着用していた。
年配になってからでなく、わりと若い時期に部分的に薄くなったようで、それを隠すために使っていたそうだ。恐らく、今の私の年齢の時には使っていたのだろうが、長らく私は全く気づかなかった。

美意識の高い人だったと思う。美人と言われ、自分でも意識していた様子は子供心にわかったし、専業主婦でも常に朝からお化粧をして、髪を整え、身支度を整えていた。毎日ブラウスにスカート、ストッキングを履いて、だらりとした部屋着やズボン姿を見たことはなかった。それに、私が実家で過ごした18歳までの間で、母のスッピンを見た記憶は無い。



最近になって、かつらの茶色い部分と、地毛の白髪部分のコントラストが目立つようになっていた。地毛は白髪染めしていたのだが、さすがに頻繁には出来なくなっていたからだ。

先日、施設に母を迎えに行くと、嬉しそうに出てきたのだが、かつらの無い、母の頭部の髪がとても薄くて、ギョッとした。

昼間から、母の薄い髪を見るのは初めてのことだった。
自宅にいた時は、最近でさえ、夜寝る前に外すところを見た程度だ。

施設の方から、かつらを外していることは聞いていた。かつらと洗髪はセットで、母に関わる大事な問題だったので、施設とは問題を共有していた。

今の母にはかつらなど必要ない。今の状態が自然でベストなのだ。

頭ではわかっているけれど、外見の明らかな変化、しかも劣化という、目に飛び込んでくるインパクトは絶大だ。

ギョッとして、切なくて、一瞬涙が出そうになった。

美意識が高く、プライドが高く、娘にさえかつらを取った姿など見せなかった人が、薄い頭頂部をさらしていることもお構いなく、ニコニコと人前でしゃべっている。

同行した妹も、同じことを感じたに違いない。

それでも母の髪は薄いながらも綺麗に整えられ、少し長い後ろの髪はとても可愛らしくまとめられていた。そのヘアスタイルを見れば、施設の方が丁寧に母に接してくれていることは一目瞭然だった。




後日妹から「母の帽子を探してあげないと、寒そうだから。」とLine。

何を言いたいかはすぐにわかった。
あの薄い頭頂部を見るに堪えなかったのだ。

水浸しで慌てて施設に仮住まいさせてもらっているので、必要なものを少しずつしか施設に持ち込めず、今度実家の片付けに行ったら、探してあげたいという意味だろう。

実は私も、実家の片づけをしていた時に毛糸の帽子を見つけて、母に持っていこうかと一瞬思ったのだが、温度調節された施設にいて、仮に足が冷たいことはあっても頭が寒いことはないだろう。被れば可愛らしいかもしれないが、かえって蒸れて、施設の方に迷惑かもしれず、必要ないと判断したのだ。

このことを伝えると、妹もすぐに納得した。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


母のことは、ずっとキライだった。

女として、妻としては大した女性かもしれないが、母親としては最悪だ。

だから今も好きではないし、
これからも、好きになることはないだろう。

だけどたった一人の母親が、ボケて変わっていくのを見るのは、切ないものだ。


人気ブログランキング

お読み下さり感謝

にほんブログ村テーマ 丁寧な暮らしへ
丁寧な暮らし
毎日をつくるもの

なんだか色々考えちゃいます。

生きる上で大切なこと

母・母親・おかん
家族の介護・お世話

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 




今日メイクをしていて、最後にマスカラして自分の顔を眺めると、何かがおかしい。。。。。


・・・・・


数秒後、眉毛の無い顔に気づいた。

目もとはバッチリなのに、眉毛がない変な顔( -д-)ノ 

こんなことは初めてだ。何をやっているんだ、ワタシヽ(#`Д´)ノ

どうしよう、ヤバイ、認知症の始まりか・・・


メイクは、ファンデを塗ったら眉を整えて、目元をちょちょい。
口紅はもう何年も塗っていない。

私の眉毛は左右非対称で形が悪くて薄いから、これを整えるだけでだいぶ顔が変わるのだ。まさに顔のフレーム。

そんな大事な眉を描きを忘れるなんて・・・(´・ω・`)ショボン

母は70歳過ぎで発症し(もっと前から始まっていたに違いない)、75歳の今はすっかり認知症のおばあさんになってしまった。一番血の濃い人がなったのだ。私がそうならないとは限らない。



認知症になりたくない・・・

母の様になりたくない・・・

いや、何もわかっていない母は案外幸せだと思う。
今だって、良い施設に恵まれて、楽しく美味しく、安心して暮らしているのだ。

それは娘がお膳立たしたから。
離れて暮らしているけれど、出来ることはとあちこち奔走したからだ。
良い娘がいて羨ましい。

私には子がいない。

母の様にはなれないのだ。





今日はサバ缶を食べた。

玉ねぎを炒めて、しんなりしたらトマト缶とコンソメキューブを入れ、火が通ったらサバの水煮缶を入れて味を整えたら出来上がり♪

最後に粉チーズやバジルを使うとぐっとイタリアンになるのだが、ご飯に合わないと夫が文句を言うので、醤油を垂らして和風の味付けに整えることが多い。

これが簡単で美味しくて、結構気に入ってよく食す。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

母は青魚が嫌いで、食べているのを見たことが無い。

それだけが原因である筈もないけれど。

出来る努力はしておかないと。


お読み下さり感謝


人気ブログランキング

にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)へ

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)


認知症


キレイの裏技~40代を素敵に過ごす方法
究極の美容と健康の情報発信トラコミュ
美エイジング

読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 




ピンチをチャンスに♪なんて、前向き発言で前記事を〆たものの、
朝から母の電話でブチ切れてイライラしている私です。

白状すると、母からの電話は、無視して取らないことも多いです。

こう言うと、つまり認知症の親の、わけのわからないループ話に付き合いたくないから電話を取らないと、ほとんど方が思われるのでは?
でも、そうでないのが私と母の関係のやっかいなところで・・・


もともと母は、自分が一番な人なので、子供のことは後回し。物静かな見た目だけど、美人だ綺麗だと、男性からちやほやされるのが大好きで、学校の面接でも、気にするのは(男の)先生が自分のことを「綺麗なお母さんだね」と言ってたかどうかの一点でした。(と言っても浮気や不倫はなく、常に父と仲良し夫婦ではありました。この点は非常に素晴らしいことだと思います。)


そんな母が急に娘に猫なで声を出すようになったのは、父が亡くなってから。


その頃から母は私に「身体を大事にしなさいよ」と言うようになり、慣れない言葉に気味悪く思いました。それは私にとって「勝手に病気にならないで、私(母のこと)の面倒ちゃんとみてよね」という意味にしか聞こえなかったからです。



子供の頃、私が風邪を引いても熱を出しても全く気づかず、「ノロノロしてないでさっさと学校に行きなさい」と言う母でした。熱があると主張したところで、面倒臭そうな顔をされるのが目に見えていたので、言えませんでした。


そんな母に急に身体を大事にしなさいなんて言われても、ウソ臭くてやめて欲しいと思うばかり。。。


今朝電話を取ると、強い命令口調で、着る服が無いから早く持ってきてと。


何も知らない他人は、「お母さんは認知症で可哀そうだから、大目にみてあげないと」と思うでしょう。確かに認知症という病気なのだから、繰り返し何度も言ったり、物事を理解できないのは仕方がない。だからそんなことは問題ではありません。

イヤなのは、母にキツイ理不尽なことを言われても、良い子に徹して何も言えず黙って従っていた子供の頃を思い出すこと。

見栄っ張りで他人にはどこまでも良い人でいながら、自分の子供は無条件に従って当然と考える母の性根が嫌いです。母の外見からそうは見えなくて、物静かで優しい人という印象を持つ人が多いのもこれまたやっかいw

今朝もイライラしてブチ切れそうになって、夫に八つ当たり。

なんとか改善策を見出そうと案を出してくれるのだけど、私が望んでいるのはそんなことではなくて、うんうん、そーかそーかと同調して聞いてくれること。なのにあーしたらこーしたらと言うから、さらにまたブチ切れてイライラする私。

夫よゴメン。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


母は着る服が無いと言いますが、つい2日前にピックアップして施設に運んであるのです。そういうことがわからないのは仕方ないけれど、今週もまた母が水浸しにした家の片付けに行くというのに、そんなことはまるでお構いなく、着る服が無い、これしか無いんじゃ困ると、自分の衣服の心配ばかりでうんざり。


まあ、この期に及んで見た目の心配ばかりする母というのも、我が母らしく、面目躍如といった感もありますが。

父とずっと仲が良く、その最期まで良き妻を演じ切ったのは、素直に大したものだと思います。

『女・妻・母』全てを立派に成し遂げることは、誰しも不可能に近いかもしれません。

我が母は、女として、妻として、素晴らしかった分、母としては最悪な人でした。

それでも、自分の母親のことを女として妻として素晴らしいと言えるなんて、すごいじゃないかと思う人も多いに違いない。

全てひっくるめて、色々と複雑な心境。

50の秋。

着地点がわからない。

お読み下さり感謝

にほんブログ村テーマ 毒になる親へ
毒になる親
母・母親・おかん

家族の介護・お世話


今日のつぶやき☆

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

今の気分に一番しっくりかも↓

心の叫び、解き放つ小部屋 


読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



実家で水漏れが起こり、てんやわんやの数日でした。

原因は・・・認知症の母が何かやらかしたのでしょう。
本人に聞いたところで、もうわけがわからないので、永遠にナゾのまま。

2階から水が漏れて、その水が2階の床下を伝わって、一階が水浸しになりました。畳もベチャベチャ、ソファやピアノも水に濡れて台無しで、とても住める状態ではないと(´;ω;`)

061
一階和室の天井。この上の部屋は水回りではありません。別のところにある2階の洗面台から水が伝って落ちてきた模様。


すぐに行けない私に代わり、毎日母を送り迎えしてくれている介護関係の方が対応してくれました。ありがたいことです。

当日慌てて駆け付けても、出来ることがないからと言われ翌日、水も電気も止めているので家には泊まれず、ビジネスホテルを予約。

家は、一日経つとさすがに床の水は引いていましたが、天井からはまだまだポタポタと水が落ち、濡れて汚れた座布団やソファが散乱。それでも介護の方がそれなりに片づけてくれてありました。こんなの仕事の範囲じゃないのに、色々やってくれて、母の面倒ももちろんで。本当に感謝しかなく、頭が上がりません。

これだけの水が漏れた築約40年の家を、修復するとなると大掛かりなものになってしまい、相当の費用をかけて修繕したところで、もう認知症の母が住むのは現実的ではありません。

施設入居は時間の問題だとは思っていたけれど、父が遺した家に愛着があるハズで、家を離れるのを嫌がるから、その時が来たらどうやって促せば良いかと頭を悩ませていたところでもありました。

ファンケルオンライン

その母に、もうあの家には戻れない、とても修復は無理、住めない、だから施設に入るしかないんだと言えば、不機嫌になり手が付けられない状態になるだろうと予測してました。

ところが、

「うん、私もそれがいいと思う♪」

あまりの聞き分けの良さにびっくり。

そりゃ私も、「住むとこないから施設に」なんて鬼みたいなことは言いません。

「もう水浸しであの家には住めないけど、ちょうどそろそろ一人じゃ危ないからみんなと一緒に住んだ方がいいね、その方が安心だし、そうしなさいって神様が言ってくれてるんだよ、ちょうど良かったかもしれないね。」

こんな風に言いましたら、うんうんそうなの、と納得してまして。

あまりにあっさり納得で、少しくらいは「父が遺してくれた~」と抵抗して欲しかったなと、娘としては複雑な心境もありーので、なんとも恐るべし認知症。

でも、ちょうど良い(人気のある)介護施設はどこも一杯で順番待ち。
家の片付けも少しずつ通いながら。
東京からは高速バスで往復して、実家や介護施設への足はレンタカー利用。

しばらく忙しくなりそうです。

でも、『介護で大変』とは、私は言えません。だって一番肝心な母の介護は、専門の方にほぼお任せだから、私がしているのは娘として最低限のことに過ぎません。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

介護の現場は多様なシステムがあるので、自分たちに最適な形を見つけることが出来れば、周りの助けを得て、よく対応出来ると思います。

もし介護関係で困ったことがあれば、担当のケアマネさん、それより前の段階であれば地域包括支援センター、あるいは市町村の福祉課や介護課など、あちこちに相談しまくって下さい。私がそうでした。たとえ素晴らしい方法でなくても、改善策や対応策は何かしら必ずあって、一人で抱え込むよりずっと良い結果がついてきます。皆とても親切で、行政も意外と捨てたもんじゃないなと思ったほど。

その代わり、介護費用って本当に莫大な金額がかかっているのではないかと。これからますます高齢化が進む中、一人の老人の生活を支えるために関わる人間の多さ、費用を考えると、日本大丈夫かなあ・・・と深刻に考えてしまう。



ところで今回のこと、落ち着いて考えると、水で済んで良かったとしみじみ。

ニンチな母の不思議行動で起きたわけだけれど、これが火事だったらと思うとゾッとします。水が引けば、じっくり腰を落ち着けて片づけることも出来るし、これを機に母は安心な介護施設で面倒をみてもらえるし、突然のことに慌てたけれど、ピンチをチャンスに♪ 良い方向に持っていきたいと思います。

お読み下さり感謝


にほんブログ村テーマ 認知症へ
認知症
認知症の介護・看護情報を全国から集めよう

高齢者の健康維持と介護
老い、老後、老人、高齢、シニア、エルダー


読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



↑このページのトップヘ