そろそろ、年賀状を買いに行かなきゃだわ。

・・・ちょっと待って、今年の年賀状からきっぱりやめたらスッキリした♪話を長々と記事に書いだばかりじゃないの?!

以前にも、私のブログに目を止めて下さった方ならば、もしかしてこう思われるかもしれない。

だって、長年うだうだどうしようかと悩んでいたのを、今年の年賀状からきっぱり止めて、おかげでスッキリしたと書いたばかりなのだから。

やめてスッキリ憂いなし


それなのに、何を今さら?????

答えは簡単。夫はやめていないので、その分の年賀状を買うという話。


私がやめようと思う話をしたところ、

「好きにすれば。

 でも俺は止めないよ。

 こんな時代にせっかく俺を思い出して書いてくれる人を、大した枚数でもないのに、何で自分から切る必要があるの。」

うすうす彼は止めないだろうと思っていた私。

夫の考えはごくまとも。

これはもう、年賀状に対するスタンスの単なる違いに過ぎず、どちらが正しいと言うような話じゃないから、自分のやり方を押し付ける必要はない。




私は止めてスッキリだけれど、年に一度くらい、伝えたい何かがある人もいるだろうし、50代、物心ついた時から長年欠かさず続けた年賀状だ、単純に止めたくないという人だっているだろう。

出すか出さないかなんて、自分の好きにすれば良いのだ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



結婚して数年は、二人で同じ年賀状を使っていた。新婚の頃は夫婦連名で出せることが嬉しかった。

しばらくすると同じ図柄を使いながらも送り主名を単独にするようになった。メルアドを印字するようになると、夫婦連名ではごちゃごちゃするからだ。

そのうち、ネットを使って印刷する図柄の選択肢が増えると、シンプルながらもほっこりと温かみのある画像を選びたい私と、シンプルかつ堂々とした王道的絵柄にしたい夫とで、それぞれ別々の年賀状を作るようになった。


そんな前提があるので、私が止めたところで夫は痛くも痒くもない。

親戚関係は連名で出していたけれど、数年前、父が亡くなったのを機に私側の親戚にはほぼ出さなくなった。と言っても付き合いは何ら変わらず、もともと年賀状送付の有無如きで変わる関係ではない。

夫側の親戚とは、私はあまり密な関係ではない。皆良い方ばかりで関係がよろしくないのではない。恐らく子供がいないことで、密な関係を持つ機会を逸してしまったのだろう。それに、今年は義父が亡くなり賀状のやりとりはないから、尚更夫の裁量に任せておけば十分だ。


ということは、夫に今年必要なのは、年賀状じゃなくて喪中の挨拶!

え、まだ何もしてないんですけど・・・・(汗
これ書いててやっと気が付くなんて。゜゜(´□`。)°゜。
情けない妻だこと。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


にほんブログ村テーマ 年賀状♪へ
年賀状♪


すぐに夫に言ったら、「わかってる、もう間に合わないからいいよ」と。


「今年から私は年賀状やめてるから、そこに思いが至らなかった。申し訳ない。」とも伝えました。やっぱりね、いくら何でも本来は専業主婦である私が気づいて対処すべきことだと思うから。


夫、喪中はがきの出し忘れ、もう少し慌てるかと思ったんですけどねえ・・・

来年欠礼の寒中見舞いを出すのかしら???それともこの様子だと、このままフェイドアウト???

いずれにしても、何でも自分で出来る人なので余計なことは言わないでおきます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ




にほんブログ村テーマ 手紙 年賀状・暑中見舞い・カードへ
手紙 年賀状・暑中見舞い・カード

写真は自宅プリントよりコンビニの方が綺麗だと思うw

写真プリント・プリンター

切手だけは、何度も当たったなあ・・・


年賀状 お年玉番号

50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ