カテゴリ:実家 > 認知症

母は衣装持ちで、自宅が水漏れでひどいことになっても、心配したのは自分の洋服のことばかりだった。

家は・・・と聞かれる度、(心配事は服のこととわかっていたので)衣類は確保してあり、これからも着ることが出来るから心配はいらないと、母にわかりやすい言葉で丁寧に優しく説明すると、理解して安心するのだが、また忘れて同じ質問を繰り返す。繰り返すのは認知症だから仕方ない、また辛抱強く同じ説明をするだけだ。

しかし長年住み慣れた自宅が住めないほどになったのだ、もっと他に気になることはないのかと、この人にとってはそんなことが一番気がかりなことなのかと、暗鬱な気分になったものだ。

自宅の水漏れも、認知症の母がしでかしたことだが、本人はそんなことは全く覚えていない。気楽なものだ。やってられない・・・その為にバタバタせざるを得なかった少し前、私はそう思っていた。

けれど今、冷静に考えると、認知症の母なりの、考えられる最善のことだったのかもしれないと思うのだ。
自宅が水浸しになったところで、母は自分が何をしたのか覚えているはずもなく、理解出来るはずもない。そして幸い直ぐに居心地の良い施設に移ることが出来たから、『衣食住』の食と住は何ら不足は無かったのだ。

だから生活していくために足りないのは『衣』だけで、それを心配するのは至極当たり前のことだとハタと気づく。

とはいえ、それなりの衣類は既に施設に運んであるのだ。にもかかわらず「毎日同じ服ばかりでイヤになる」とこぼす母に、何を言ってるのだと心で毒づいたことも事実である。

かと言って、家の片づけをどうするかとか、面倒な手続きのことだとか、そんなことを母が理解出来る筈も、思いつく筈もなく、母にとって大事で容易に理解出来る『衣』のことばかりを心配していたのは、そう考えると、むしろ理論整然としているような気がする。



今はグループホームに落ち着いて、皿洗いを手伝ったりして、率先してスタッフの手伝いをしているらしい。そして本人は介護される側ではなく、する側にいると思っているふしがある。そうして感謝されて喜ばれることは、とても嬉しく、楽しいことのようだ。それに周りの方が皆とても良い人達ばかりだと、あの母が人の悪口を一切言わないのだ。

以前より、素直で良い人になっているw(゚o゚)w オオー!

認知症で色々なことを忘れてしまっているけれど、健全な精神のあり方でいてくれることを、嬉しく思う。

そして、母をそんな状態でいさせてくれる、介護スタッフの方々には本当に感謝している。環境が良いから、穏やかにいてくれるのだ。

母の認知症は、少しずつではあるが、間違いなく進行しているという実感がある。

去年の9月に、母と私と妹の3人で京都旅行に行ったのであるが、あれから一年余り、母の様子は既に隔世の感がある。当時、母が理解出来るうちに旅行に行こうと慌てて計画したのだが、行けて良かったと思っている。とはいえ母は覚えていないのだから、良かったと思うのは私の自己満足に過ぎないけれど、それで良い、気持ちの問題が重要なのだ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


家が水浸しになったとはいえ、水で良かった。火事でなくて本当に良かった。

車の運転も、既にかなり危険な運転をしていたものの、周りのおかげで母のプライドを傷つけずに免許を返納することが出来、母はゴールド免許のまま運転を終えた。

寒くなる季節、毎日介護サービスを受けているとはいえ、朝晩は一人。暖房のことをはじめ、心配事は沢山あって、どうやって施設入居に軸足を移していけば良いのかと、頭を悩ましていたところでもあった。それが、思わぬ水浸しであっさり解決である。

私は信仰心は特に無いタイプだが、それでも母は父に守られているのかもしれない。そんなことをふと思う。

にほんブログ村テーマ 主婦の独り言へ
主婦の独り言

50代だけどたまには(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
40代主婦の日々&雑感

お気楽主婦の日常

認知症

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 








認知症の母が、実家を水浸しにしてしまい、住める状態ではないということで、現在母は施設にお世話になっている。

それまで嫌がっていた施設でのお風呂や洗髪も、今回勧めると素直に従ってくれたのだそう。

母は、長年かつらを着用していた。
年配になってからでなく、わりと若い時期に部分的に薄くなったようで、それを隠すために使っていたそうだ。恐らく、今の私の年齢の時には使っていたのだろうが、長らく私は全く気づかなかった。

美意識の高い人だったと思う。美人と言われ、自分でも意識していた様子は子供心にわかったし、専業主婦でも常に朝からお化粧をして、髪を整え、身支度を整えていた。毎日ブラウスにスカート、ストッキングを履いて、だらりとした部屋着やズボン姿を見たことはなかった。それに、私が実家で過ごした18歳までの間で、母のスッピンを見た記憶は無い。



最近になって、かつらの茶色い部分と、地毛の白髪部分のコントラストが目立つようになっていた。地毛は白髪染めしていたのだが、さすがに頻繁には出来なくなっていたからだ。

先日、施設に母を迎えに行くと、嬉しそうに出てきたのだが、かつらの無い、母の頭部の髪がとても薄くて、ギョッとした。

昼間から、母の薄い髪を見るのは初めてのことだった。
自宅にいた時は、最近でさえ、夜寝る前に外すところを見た程度だ。

施設の方から、かつらを外していることは聞いていた。かつらと洗髪はセットで、母に関わる大事な問題だったので、施設とは問題を共有していた。

今の母にはかつらなど必要ない。今の状態が自然でベストなのだ。

頭ではわかっているけれど、外見の明らかな変化、しかも劣化という、目に飛び込んでくるインパクトは絶大だ。

ギョッとして、切なくて、一瞬涙が出そうになった。

美意識が高く、プライドが高く、娘にさえかつらを取った姿など見せなかった人が、薄い頭頂部をさらしていることもお構いなく、ニコニコと人前でしゃべっている。

同行した妹も、同じことを感じたに違いない。

それでも母の髪は薄いながらも綺麗に整えられ、少し長い後ろの髪はとても可愛らしくまとめられていた。そのヘアスタイルを見れば、施設の方が丁寧に母に接してくれていることは一目瞭然だった。




後日妹から「母の帽子を探してあげないと、寒そうだから。」とLine。

何を言いたいかはすぐにわかった。
あの薄い頭頂部を見るに堪えなかったのだ。

水浸しで慌てて施設に仮住まいさせてもらっているので、必要なものを少しずつしか施設に持ち込めず、今度実家の片付けに行ったら、探してあげたいという意味だろう。

実は私も、実家の片づけをしていた時に毛糸の帽子を見つけて、母に持っていこうかと一瞬思ったのだが、温度調節された施設にいて、仮に足が冷たいことはあっても頭が寒いことはないだろう。被れば可愛らしいかもしれないが、かえって蒸れて、施設の方に迷惑かもしれず、必要ないと判断したのだ。

このことを伝えると、妹もすぐに納得した。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


母のことは、ずっとキライだった。

女として、妻としては大した女性かもしれないが、母親としては最悪だ。

だから今も好きではないし、
これからも、好きになることはないだろう。

だけどたった一人の母親が、ボケて変わっていくのを見るのは、切ないものだ。


人気ブログランキング

お読み下さり感謝

にほんブログ村テーマ 丁寧な暮らしへ
丁寧な暮らし
毎日をつくるもの

なんだか色々考えちゃいます。

生きる上で大切なこと

母・母親・おかん
家族の介護・お世話

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 




今日メイクをしていて、最後にマスカラして自分の顔を眺めると、何かがおかしい。。。。。


・・・・・


数秒後、眉毛の無い顔に気づいた。

目もとはバッチリなのに、眉毛がない変な顔( -д-)ノ 

こんなことは初めてだ。何をやっているんだ、ワタシヽ(#`Д´)ノ

どうしよう、ヤバイ、認知症の始まりか・・・


メイクは、ファンデを塗ったら眉を整えて、目元をちょちょい。
口紅はもう何年も塗っていない。

私の眉毛は左右非対称で形が悪くて薄いから、これを整えるだけでだいぶ顔が変わるのだ。まさに顔のフレーム。

そんな大事な眉を描きを忘れるなんて・・・(´・ω・`)ショボン

母は70歳過ぎで発症し(もっと前から始まっていたに違いない)、75歳の今はすっかり認知症のおばあさんになってしまった。一番血の濃い人がなったのだ。私がそうならないとは限らない。



認知症になりたくない・・・

母の様になりたくない・・・

いや、何もわかっていない母は案外幸せだと思う。
今だって、良い施設に恵まれて、楽しく美味しく、安心して暮らしているのだ。

それは娘がお膳立たしたから。
離れて暮らしているけれど、出来ることはとあちこち奔走したからだ。
良い娘がいて羨ましい。

私には子がいない。

母の様にはなれないのだ。





今日はサバ缶を食べた。

玉ねぎを炒めて、しんなりしたらトマト缶とコンソメキューブを入れ、火が通ったらサバの水煮缶を入れて味を整えたら出来上がり♪

最後に粉チーズやバジルを使うとぐっとイタリアンになるのだが、ご飯に合わないと夫が文句を言うので、醤油を垂らして和風の味付けに整えることが多い。

これが簡単で美味しくて、結構気に入ってよく食す。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

母は青魚が嫌いで、食べているのを見たことが無い。

それだけが原因である筈もないけれど。

出来る努力はしておかないと。


お読み下さり感謝


人気ブログランキング

にほんブログ村テーマ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)へ

主婦のつぶやき・・・(*'-'*)


認知症


キレイの裏技~40代を素敵に過ごす方法
究極の美容と健康の情報発信トラコミュ
美エイジング

読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 




実家で水漏れが起こり、てんやわんやの数日でした。

原因は・・・認知症の母が何かやらかしたのでしょう。
本人に聞いたところで、もうわけがわからないので、永遠にナゾのまま。

2階から水が漏れて、その水が2階の床下を伝わって、一階が水浸しになりました。畳もベチャベチャ、ソファやピアノも水に濡れて台無しで、とても住める状態ではないと(´;ω;`)

061
一階和室の天井。この上の部屋は水回りではありません。別のところにある2階の洗面台から水が伝って落ちてきた模様。


すぐに行けない私に代わり、毎日母を送り迎えしてくれている介護関係の方が対応してくれました。ありがたいことです。

当日慌てて駆け付けても、出来ることがないからと言われ翌日、水も電気も止めているので家には泊まれず、ビジネスホテルを予約。

家は、一日経つとさすがに床の水は引いていましたが、天井からはまだまだポタポタと水が落ち、濡れて汚れた座布団やソファが散乱。それでも介護の方がそれなりに片づけてくれてありました。こんなの仕事の範囲じゃないのに、色々やってくれて、母の面倒ももちろんで。本当に感謝しかなく、頭が上がりません。

これだけの水が漏れた築約40年の家を、修復するとなると大掛かりなものになってしまい、相当の費用をかけて修繕したところで、もう認知症の母が住むのは現実的ではありません。

施設入居は時間の問題だとは思っていたけれど、父が遺した家に愛着があるハズで、家を離れるのを嫌がるから、その時が来たらどうやって促せば良いかと頭を悩ませていたところでもありました。

ファンケルオンライン

その母に、もうあの家には戻れない、とても修復は無理、住めない、だから施設に入るしかないんだと言えば、不機嫌になり手が付けられない状態になるだろうと予測してました。

ところが、

「うん、私もそれがいいと思う♪」

あまりの聞き分けの良さにびっくり。

そりゃ私も、「住むとこないから施設に」なんて鬼みたいなことは言いません。

「もう水浸しであの家には住めないけど、ちょうどそろそろ一人じゃ危ないからみんなと一緒に住んだ方がいいね、その方が安心だし、そうしなさいって神様が言ってくれてるんだよ、ちょうど良かったかもしれないね。」

こんな風に言いましたら、うんうんそうなの、と納得してまして。

あまりにあっさり納得で、少しくらいは「父が遺してくれた~」と抵抗して欲しかったなと、娘としては複雑な心境もありーので、なんとも恐るべし認知症。

でも、ちょうど良い(人気のある)介護施設はどこも一杯で順番待ち。
家の片付けも少しずつ通いながら。
東京からは高速バスで往復して、実家や介護施設への足はレンタカー利用。

しばらく忙しくなりそうです。

でも、『介護で大変』とは、私は言えません。だって一番肝心な母の介護は、専門の方にほぼお任せだから、私がしているのは娘として最低限のことに過ぎません。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

介護の現場は多様なシステムがあるので、自分たちに最適な形を見つけることが出来れば、周りの助けを得て、よく対応出来ると思います。

もし介護関係で困ったことがあれば、担当のケアマネさん、それより前の段階であれば地域包括支援センター、あるいは市町村の福祉課や介護課など、あちこちに相談しまくって下さい。私がそうでした。たとえ素晴らしい方法でなくても、改善策や対応策は何かしら必ずあって、一人で抱え込むよりずっと良い結果がついてきます。皆とても親切で、行政も意外と捨てたもんじゃないなと思ったほど。

その代わり、介護費用って本当に莫大な金額がかかっているのではないかと。これからますます高齢化が進む中、一人の老人の生活を支えるために関わる人間の多さ、費用を考えると、日本大丈夫かなあ・・・と深刻に考えてしまう。



ところで今回のこと、落ち着いて考えると、水で済んで良かったとしみじみ。

ニンチな母の不思議行動で起きたわけだけれど、これが火事だったらと思うとゾッとします。水が引けば、じっくり腰を落ち着けて片づけることも出来るし、これを機に母は安心な介護施設で面倒をみてもらえるし、突然のことに慌てたけれど、ピンチをチャンスに♪ 良い方向に持っていきたいと思います。

お読み下さり感謝


にほんブログ村テーマ 認知症へ
認知症
認知症の介護・看護情報を全国から集めよう

高齢者の健康維持と介護
老い、老後、老人、高齢、シニア、エルダー


読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



認知症の母がまた、やらかしてくれました。

この春から後期高齢者(75歳)となった母は、それに合わせて保険証も新しくなりましたが、後期高齢者医療保険証の有効期限は毎年7月31日なので、今年だけは誕生月からわずか数か月で新しい保険証に切り替わることになります。

とはいうものの、そんなことは後から知ることで、まさかこの前もらったばかりの保険証が、こんなにあっという間に有効期限切れになるなんて思いもよらず、いざ母を病院に連れて行く段階になって初めて気づいて大慌て、というわけです。

母に関することは、私と妹とで役割分担を決めていて、今のところ病院へ連れて行くのは妹の役割としているので、保険証の管理をしているのも妹です。その妹が、かかりつけ医に連れて行く前日に気づいたわけですが、独居の母の元に送られてくる郵便物の管理をどうすべきか、いよいよ由々しき問題になってきました。

カタログ通販ベルーナ(Belluna)カタログ通販ベルーナ(Belluna)

これまでの母は、重要そうだけど自分で理解出来ない内容物が届くと、全て一つにまとめて「わからないから見て欲しい」と言って私に依頼してきました。それで中途半端なことをせず、まるごと私頼みにしてくれていてかえって助かっていたのです。でも、少しずつ記憶を無くしている母が、そうしたことも出来なくなっていくのは時間の問題でした。

介護保険関係の書類だけは、私の自宅に直接届くように既に手配してありますが、年金関係や今回の保険証など、その他の書類について同じように出来るかは疑わしく、親子といえども成年後見人として認定されていないと全ての書類の転送は難しいかもしれません。転送は無理でも、あるいは郵便局留めに出来れば助かるなあとも思うのですが、明日月曜日以降、また役所等に連絡して出来ることを確認して行きたいと思います。

マイナンバーの通知カードも見当たらず、頭が痛い。
だって再発行手続きって、いちいち面倒ですもん。そもそも遠方なので、母のための行動は全てレンタカーかタクシー移動でしなければならないところから始まって、しかも本人じゃなくて代理人申請だから必要な書類の数も多いし、不備があって出直しなんてことになると遠方だけに本当にやっかいなので、事前の下調べも万全にしなければとか、もろもろと。

そういう、娘たちのしんどさを、母は気付きもせずにお気楽に過ごしています。今日は妹が自宅近くのショッピングセンターに連れて行き、何か母の好きなものをご馳走している筈。保険証やマイナンバーの話なんて、言っても理解できないので言いません。しかも、母は小遣いを渡したがり、断るとかえって不機嫌になるのでしょうがなく受け取ってお礼まで言って、母の自尊心を満たしてあげます。受け取ったお金は、その後こっそり母の財布に戻し入れていることを、母はもちろん知りません。母は銀行に行ったりお金の管理が出来ないので、財布の中身が少なくなって後で騒がれるよりも、減らないように戻しておく方が楽なのです。

母との格闘は続く。



投稿しようとしたら、妹から保険証が見つかったという連絡が。

とりあえずは良かった。

でも来年の新しい保険証の郵送先を、私宛に切り替えられるかどうか?やっぱり明日役所に聞いてみなきゃ。

にほんブログ村テーマ 認知症へ
認知症
認知症の介護・看護情報を全国から集めよう
ああ、介護
日常の生活の話
ストレスの掃き溜め場


読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

更新の励みになります。
よろしくね(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



↑このページのトップヘ