父の逝去に伴い、相続などの事務手続きを全て自分で行いました。
その際に知り得たこと、学んだことで興味深かった事柄を幾つかまとめています。

相続の際、銀行でも証券でも法務局でも、必ず必要になるのが【被相続人(=亡くなった方)の生まれてから亡くなるまでの切れ目のない戸籍謄本】です。

これは離婚や養子縁組等の有無を確認して、相続人を確定するためのものなのでとても重要です。

でもなぜ、単純に【戸籍謄本】ではダメなのか。

出生や死亡、婚姻や離婚があると、それぞれ出生届、死亡届、婚姻届、離婚届を役所に提出することで、戸籍に新たな情報が加えられます。だから【戸籍謄本】を見れば、そうした情報が全て分かると思っていました。

ところが、法改正によっても、戸籍は書き換えられていたんです。これがクセモノ。

法改正による戸籍簿の様式の変化(横書きにする、コンピュータ化するなど)があると、役所はその新しい様式に戸籍を書き換え(=改製)なければなりません。しかし、以前の戸籍の内容をそっくりそのまま転記するわけではないのです。

最も直近の法改正による様式の変化は平成6年だそうで、現在見慣れた横書きのものに変わりました。

改製前(新しい様式に書き換える前)に死亡や結婚などがあった記載や、離婚や養子縁組、認知などに関する事項は、改製された後の戸籍に載りません。

つまり、改製前に離婚していると、その時は離婚届の提出によって戸籍にバツ印がつくわけですが、改製後の戸籍にはその記載はなくなり、バツ印は消えているというわけです。

カタログ通販ベルーナ(Belluna)カタログ通販ベルーナ(Belluna)


戸籍謄本/抄本を見れば、その人の婚姻や離婚の履歴は全て確実にわかるとばかり思っていたので、この事実を知った時は本当にびっくりしました。

でもご安心を。バツ印がついた古い戸籍も、ちゃんと役所に保管されてます。この改製前の古い戸籍を【改製原戸籍】と言います。

そうそう、バツ印というのは、手書き時代の作業なので、平成の法改正でコンピュータ化に伴う横書きスタイルに変わり、バツ印記載は消え、「除籍(異動事由:離婚・・・)」と記載されるようになりました。

だから、相続人を確定するためには、現在の戸籍謄本だけでなく、その前の改製原戸籍、さらにその前の改製原戸籍・・・・という風に遡っていかないと、正確な家系図がわからないということです。

それから、直近の法改正は平成6年だそうですが、実際に改製(新しい様式に書き換えること)するのは、何年もあとのことです。しかもその時期は自治体によってかなりズレがあり、中にはまだ改製されてない自治体もあるそうです。

例えば平成20年4月から戸籍謄本の様式が変わったという自治体の場合は、それ以前に離婚していると、その情報は新しい戸籍には載りません。離婚のことも記載された証明書が欲しい場合は、改製原戸籍を請求することになります。

実際に離婚の事実が消えることはありませんが、離婚の時期によってはいつの間にか、まるでなかったことのように見えてしまうということ。なんとなくミステリーを感じてしまい、このからくりをうまく利用して、アガサ・クリスティーか山村美紗ばりのサスペンス小説が書けるかも?! 
文才ないから無理だな~ いろいろと読み辛い文章でほんとすみません。゜(´Д`)゜。


にほんブログ村テーマ 地方公共団体へ
地方公共団体
遺産分割・遺言・相続・争族
離婚、別離
子供と離婚、不倫、別居、再婚の問題

読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

よろしくね(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ