2017年09月

衣替えのシーズン到来。

何年も着ない服、ときめかない服、形が微妙に古臭い服は断捨離しなければ。

と、毎年同じことを繰り返してますが、なぜか購入した数より捨てるべき数の方が決まって多い。長年捨てられずに取っておいたものの、結局捨てる運命の服のなんと多いことか。

近頃はエコ、リサイクル、リユースばやりだから、回収サービスをしているところも多数あるようです。ユニクロや無印がやっているのは有名だけど、ユニクロはユニクロかGU、無印は無印で購入した衣類が限定で、クーポンはなしです。
単一ブランドのみの廃棄は意外と敷居が高い。部屋着のフリース、そうそう簡単にヘタレないしね。

意外?なところでは、丸井も下取りをしています。
ここは靴も下取りOKと聞いて、「おっ?!」と過大な期待をしてしまったけれど、世の中甘くはありません。丸井はあくまで新品同様、あるいはそれに近いもの限定で、リユースや被災地・途上国支援に役立てる方針だそう。

新品同様・・・さすがにハードルが高いです。
それに新品同様で不要物なら、自分でネットオークションに出すわと思ってしまう。あるいは支援のための衣類なら、その時に、その人達の為にと意識して送りたい。

・・・リサイクル、リユースときて、頭に浮かぶのは『リセット』
ここ数日、世間を賑わせている言葉です。
新党立ち上げに、印象的なカタカナフレーズを用いるのは氏らしいやり方だと思う一方、同じく氏の造語『都民ファースト』はどうしちゃったの?と都民としては複雑。
都知事選で颯爽と登場した昨年とは、印象がだいぶ異なるように感じます



閑話休題。

H&Mの回収サービスのメリットは、先に挙げたもの達と比べても、とにかく持参する『ハードルがとてつもなく低い』こと。
 
この話を最初に知ったのは、アラサーの方のとあるブログ。
持参するのは、H&M製でなくてもOKで、しかもボロ雑巾でもいいと。

ボロ雑巾って・・・(@_@)

ディノス - 初回購入キャンペーン

要するに、布類であれば何でもOKで、シーツやタオルケット、靴下なんかもOKという・・・そんなものを持ち込んで、500円のクーポンと引き換えてくれるなんて、にわかに信じがたいわw

持ち込む量は?どの程度あれば???

ぐぐってみると、ざっと見た感じ、スーパーのレジ袋でOKと書いてる方が多いです。どうも量や重さに関しては、特にこれといった制約はなさそう。

で、私が持参したのはこれ↓

057

さすがに布を詰め込んだレジ袋を持ち歩くのは厳しいので、こんな紙袋で。
中身は夫の襟が擦れて着なくなったシャツ3枚。
もっと詰めようか悩みましたが、持ちやすいこの量に留めました。

そして、店に持っていくと、レジの奥の方にそれ用の緑色のボックス(コンビニのゴミ箱のような形状)があり、その近くで店員さんに声をかけると、いともあっさりとクーポンを手渡されました。

058

これ↑が、そのクーポン。
クレジットカートと同じ大きさです。

店員さんは、手渡された紙袋の重さから、布だけだと判断したのでしょう、中身を特にチェックすることもなく、ささっとこのクーポンを取り出しました。

そして、にっこり「このクーポンお使いになったことありますか?」と。

いいえ、と私もにっこり答えると

かくかくしかじか、使用方法を説明してくれます。
その内容はこんな感じ↓
059

クーポンの裏面に書いてあります。

どうやら布なら何でもOKというのは本当のようです。いらなくなったフキンなんかもアリでしょう。それでいともあっさり500円クーポンですから、アラサーの皆さんが『太っ腹サービス』と呼ぶのもわかります。

でも、大して太っ腹でも何でもないような・・・上手い話には裏がある、疑い深い50代は考えるのです。

このクーポン、3千円以上買わないと使えないし、有効期限があります。

もともと安価なH&M。特に夏のセール品なんて、Tシャツ一枚500円も珍しくないし、残り物は半額どころか60%、70%、80%offなんてのも見た覚えが。

クーポンはセール品にも使えるけれど、よほど気に入ったものが無い限り、夏場に3千円以上の買い物をするのは至難の業。

あるいは例えば定価3千円のものを、いつもならセールまで待つのに、クーポンがあるからと定価買いする、なんてことも消費者心理としてはあり得ると思います。

ディノス - 初回購入キャンペーン

要するに、H&Mとしては定価だろうがセール品だろうが、一度に3千円以上買ってくれるなら、500円程度の値引きは痛くも痒くもないのではないかと。

にも関わらず、リサイクル・リユースに力を入れているとあれば企業イメージは高まるし、しかもクーポン配布の太っ腹と評判も上がり、売り上げに結び付く、上手い商売だなあと舌を巻きます。

そんなことをあれこれと考えながらクーポンを手にして、店内をぐるりと見ましたが、これと言って欲しいものはなく、手ぶらで店を出ました。

H&Mのファッションは、ただ着るだけでは50代にはヤスッポイ。センスが問われるからムズカシイネ

そしてそこからほど近くにあるZARAにふらりと立ち寄り、ダークグリーンのカットソーをお買い上げv( ̄∇ ̄)v

このクーポンは、誰かにあげてしまうかもしれません。その方が有効利用かも。
でもただゴミとして廃棄するより、こうして回収してもらえるのはずっと良いことだし、何より『クーポンをもらえる』ことは、何も無いよりずっとモチベーションが上がるのも事実。

お近くにH&Mの店舗がある方ならば、利用して損は無いサービスです。

毎度長々しい文ですみません。お読み下さりありがとうございます。

にほんブログ村テーマ 楽しいリサイクル♪へ
楽しいリサイクル♪
地球環境保全
地球にいいコト

断捨離・・・不要なものを捨てるだけなのに、随分と大袈裟な気がしますがw
捨てることに罪悪感を持っていたので、良い大義名分が出来たと喜んでおります。

断捨離でゆとり生活
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
断捨離してますか?
断捨離して心も懐もハッピーライフ
服の断捨離 ・ 整理収納
断捨離暮らし

読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ
 


50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります。
よろしくね(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



例の柔軟剤の話を妹にしたら、→ 【その匂いがきつくてツライ件】
「私はめっちゃ匂いが付く方が好き♪」と言ってました。

類似点はそこそこ多い姉妹のつもりですが、やはり好みはそれぞれですね。

ジムで聞いてみると、比較的若い人は匂いが付く方が好きで、年齢が上がるほどそれを好まない傾向があるような。数人に聞いただけなので傾向も何もあったものじゃありませんが、やはり香り付きの柔軟剤は若い人を中心に売れているということでしょう。

ところで我が家、マンションの景観を損ねるという理由で、ベランダでの洗濯干しは禁止です。つまり、常に室内干しだから、匂いが飛ばないのがしょうがない?

でも花粉や空気の汚れを気にしてあえて室内干しにする方は多いし、日中仕事なら必然的に外には干せない。そう考えると室内干し、案外今の時代のスタンダードかもしれない。

我が家は浴室に乾燥機能や物干しがついているマンションにありがちなタイプなので、洗濯が終わったら、浴室に干して2時間ほど乾燥させるのがいつものパターン。

実はドラム式の洗濯乾燥機をもう何年も使っているものの、よほどのことが無い限り乾燥機能は使わず、せっせと洗濯物を取り出しては、浴室に干すという作業をしていました。
三越・伊勢丹オンラインストア

何を言いたいのかというと、ドラム式で洗濯から乾燥まで一気に仕上げれば、浴室で乾燥させるよりふんわり、しかも高温だからか最近の柔軟剤のキツイ匂いもほどよく飛んでいることに気づきました。

いや、ドラム式乾燥の方がふんわりすることは、以前からうすうす気づいてはいたのです。

でも、【干す】という作業を省くこと、より家事が楽になることに、専業主婦として罪悪感を持っていました。同じ乾燥するのもドラム式は電気、浴室乾燥はガスなので、なんとなく浴室の方が費用が少なくすむような気もしました。

『節約を気にかけ、楽せずちゃんと干してる私はエライ♪』といったところでしょうかね。本当にばかばかしいほど小さなプライドの、単なる自己満足に過ぎません。

私はずっと専業主婦のくせに、子育てしてないという、世の中からみたら『それってどうなの?』的立場であると承知してます。おまけに経済的には恵まれているとあって、『主婦としてやらなければならないこと』が、圧倒的に少ない。

その数少ない家事の一つが【干す】作業だったというわけで、ちょっとしたこだわりでもありました。

日々忙しい兼業ママなら【家事の時短】は大きな関心事でしょうが、私のような立場でそれは優先事項ではありません。

乾燥機を使うのは『よりふんわりして、キツイ香りが飛んで気にならなくなる』からであって、時短を求めたり、決して楽したいためじゃない。

あくまで言い訳をしたい私(誰に?)。

う~ん 誰にだろう??? 
言い訳しなきゃいけない人なんて、いないのに。

夫もそんなことを言うような人じゃないし。

婦人画報のおかいもの



・・・そうだ、私は私に言い訳したいだけなのだ。゜゜(´□`。)°゜。


そして小さなプライドを満たし、バカバカしい自己満足に浸っていたということ。


それにしても、こうやって文章にすることで、自分の気持ちが整理出来るのは良いですね。

ひとりよがりな日記と違って、見知らぬ誰かが読んでくれていると思って書くから、何度か推敲しているうちに、自分自身、見えてくることがあります。今もそう。ああそうか、私は自分に言い訳したくて、ごちゃごちゃと理由付けをしてたんだわ、何てバカバカしい、と、気づきました。

これからは、素直にドラム式のお世話になりましょう。楽だし、ふんわりするし、夫が嫌う柔軟剤の強い香りも飛んでくれるし、いいことづくめです。
今まで何を躊躇してたのやら。

お読み下さり感謝!

にほんブログ村テーマ 白物家電へ
白物家電
洗濯機

気持ちを文章化して整理する効能というのを考えてみたいw
認知症対策に良いかも。


専業主婦の日記
主婦の独り言

『自分らしく・・・』何が自分らしいのか、未だによくわかりません・・・

自分らしく気まま生活!

自分らしく・・ナチュラルがある暮らし



読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ
 


50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります。
よろしくね(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



9月も後半、すっかり秋めいて、芸術の秋とばかりに今秋の展覧会をチェックしましたら、上野の国立西洋美術館でアルチンボルド展が開催されていることを知りました。

わおー! これ日本でやるなんてすごいすごい。絶対見に行きたいわ~

ところがどっこい、開催日は6月24日~9月24日。

なんと今日まで(>_<)

タイミングの悪さに愕然とし、こんな情報かえって知りたくなかったと、誰かに八つ当たりしたい、ブルーな気分。

054
これこれ↑↑↑ こういう生物や果物などを組み合わせた肖像画が、アルチンボルドのアルチンボルドたる絵画の世界。

パリのルーブル美術館を初めて訪れた時、一番印象に残ったのは、モナリザでもミロのビーナスでもなく、このアルチンボルドの連作でした。最後にグッズ売り場に立ち寄ったら、このマグネットプレートがあってすごく嬉しかったのを覚えてます。だってルーブルにある膨大な美術品の中で、グッズになっているなんて、相当人気の絵じゃなきゃ無理なわけで、私も見る目があるんだわ♪などと都合よく解釈して購入しました。

それから何度か、行く度にこの連作の前で立ち止まり、興味深く眺めたものです。

だから日本に来ていたなら、是非とも行きたかった。もう一週間でも早く知っていたらと思うと本当に残念でたまらない。簡単に再来日を果たすとは思えないし。

あ~ ゜゜(´□`。)°゜。 本当に残念無念。

これはまた現地に見に行きなさいってことかしらね?!(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

前向きに捉えて、今日はウナギでも食べましょ。

055

最近うなぎは専らふるさと納税でリピートしています。
国産でふっくらと皮も薄く、美味しく頂けるので気に入ってます。

冷凍の真空パックの温め方は、色々と方法があるようで、ウーロン茶を使ったりアルミホイルを使うやり方もよく聞きますが、私のお勧めは冷凍のまま、フライパンにたっぷりの日本酒(料理酒でOK)をふりかけて温める方法。

解凍した状態より断然扱い易く、美味しく出来るしで、一石二鳥。

冷凍のまま?!と驚かれる方も多いと思いますが、本当にそのままでOKです。

アルコールが飛んだら蓋をして、2分ほど蒸し焼き。
ウナギが十分温まれば出来上がりです。
良いものであれば、皮を改めて焼いたりしなくても気になりません。

たっぷりアルコールを使うので、ウナギを取り出すと、蒲焼のタレの旨みが混ざった水分がまだフライパンに残っています。ここにみりんや醤油を加えると美味しいタレの出来上がり。もしあれば付属のタレを入れてのばすのも良いです。ごはんにたっぷりかけて、美味しいうな丼を頂きます。

我が家のお気に入りはこちら↓

まずはこの辺りからお試しなさると良いかと。

ウナギの養殖は九州が一大産地のようですが、お頭付きの蒲焼も時折見受けます。
最初はさすがにひきます。
私は温める前にキッチンバサミでカットしてしまいます。


ふるさと納税で色々なものが頂けますが、わりと失敗だと思ったのが高級和牛。
せっかくだからとA5ランクの肉を頂いてみましたが、すき焼き用も、しゃぶしゃぶ用も、はたまた焼肉用も、どれも私達には霜降り過ぎて、大変脂身が多く胸焼け気味。少量にすれば良かったのでしょうが、夫が張り切って大量に頂いてしまい、消費するのに苦労しました。

サーロインやヒレ肉にしても、あれは熱々の分厚い鉄板でプロが上手に焼くから、高級和牛が高級たり得るのであって、しろうとがちまちまと家庭のコンロでテフロン加工のフライパン調理したら、せっかくの良い肉が台無しです。

TV番組で、本物の高級和牛と、美味しくなるテクニックを駆使したものを味比べると、間違える方が続出するのも、当然のことだと思います。

どんなに素晴らしい素材でも、それを活かす腕がなければダメですね。

お読み下さり感謝!

にほんブログ村テーマ 美術館、博物館、ミュージアムへ
美術館、博物館、ミュージアム
世界の美術館巡り

ふるさと納税
ふるさと納税の特産品

腕がない私でも美味しく頂けるものをと考えて、
ウナギの蒲焼やハンバーグを頂くことが増えました。


鰻!うなぎ!ウナギ!

読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ
 


50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります。
よろしくね(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



少し前になりますが、英国BBC発の気になるニュースがありました。
イングランド公衆衛生局は、中年期の人は健康維持のためにもっと速いスピードで歩くよう呼びかけている。

人は40歳を過ぎると運動量が減り始めるため、40歳から60歳の人には、速く歩く散歩を習慣にすると良いという。公衆衛生局は、1日わずか10分間、速く歩くだけで早期死亡の危険が15%少なくなり、大きな成果につながると促している。

一方で、実際には40~60歳でひと月に一度も速い速度で10分間歩いていない人は、全体の4割に上ると推計している。

元記事:Middle-aged told to walk-faster

ひと月に一度も、速く歩けていない人)は全体の4割。。。

【速く歩くこと】がクセモノですね。普通に歩いてるだけではダメなのか。

それに【広い歩幅で歩く】ことは、認知症のリスクを下げる効果がある、という話も最近どこかで読んだばかりです。

私の普段の生活は自転車移動が殆どで、スーパーやちょっとしたお使いは勿論、誰かとランチという時でも、繁華街が近いことをいいことに、全く歩かず自転車です。

だから意識して、散歩するようにはしています。

このところ大股で歩くことを意識していましたが、これからは
【大股で速く歩く】ようにしなければ。

001-1

こちらはいつもの散歩途中のヒトコマ。辺りをぐるりと一周して6~7000歩程度。もう一周すればいいのだけどなかなかそこまでは。

実はこの画像、私のブログアイコンで使っているモト画像です。

この辺りはまっすぐ天に向かって伸びる、太くて立派な木が多い中、この木は大きく湾曲してます。それがかえって気に入って、真ん中辺りをトリミングして使ってます。


さて、夫。
彼は歩くのがとても速いです。

だからBBCの記事を読んで真っ先に浮かんだのは、『夫は長生きするだろうなあ』ということ。

遠い昔、まだ挨拶を交わす程度の仲だった頃、私の数十メートル先を歩く夫を偶然を見かけました。挨拶しようと歩を早めたのに、全く追いつかないからさらに早く歩いたけれど、距離は縮まるどころか離れたようでした。それで、わざわざ走って呼びかけるほどでもなかったので、声を掛けるのを諦めたことがありました。

後でその時のことを夫に話すと、軽いジョギング程度なら、歩いている自分の方が早い時もある、と豪語して笑ってました。

最近は、さすがに当時ほど速くはないように思いますが、他のことも色々と勘案して、私よりも長生きするかもなあと漠然と。

年の差は3つ。私が年下。普通は女の私が何年か長く生きるハズだけれど、無論そうとは限らない。可能性は五分五分、いやほんとは7:3で夫が長生きしそうな気がします。

相続や遺産の問題、夫婦間だと女が長生きする前提で考えがちだけれど、私が先に逝く時にはどうすべきか、完璧に準備しておかなければ。

世の中に【完璧】なんてないけれど、うちはその時にフォローする子供がいないから、余計そういう気持ちは強いかもしれません。

Oisix(おいしっくす)
Oisix(おいしっくす)のおためしセットが大人気9/24まで増量中

ところで本当は、夫の後に逝きたいです。

最期は自分で処理して全て捨ててしまいたい。今はミニマリストには程遠い生活だけれど、最期はね。それに我が夫は何でもかんでも『捨てない人』なので、一人になったらそういうものを処分してすっきりしてみたい。

そして何より、年をとってからの男性の独り暮らしは侘しいから、だから私の方が後だといいなあと思う。


ところが夫は「そんなのは平気」と可愛げのない発言をします。何でも自分で出来る人だから、本人がそう思っているのは間違いありません。

でもねえ、本人は平気でも、私がイヤですね。炊事掃除洗濯、全て一人。病気になったらどうするのかしら。私はそんなみじめったらしい夫の姿は見たくない。こんなに立派な人なのに、切なく思ってしまうから。

夫に対して、普段はムカツクこと憤慨すること、多々ありまくりでしょっちゅイライラしているような私ですが、落ち着いている時限定で、ありがたい気持ちでいっぱいです。

二人で元気に楽しく生きていきたいです。

お読み下さり感謝!

にほんブログ村テーマ ぶらり~散歩♪へ
ぶらり~散歩♪
散歩、ウォーキング

自分の最後自分で飾る 「終活」 を考える

今日はしおらしくこんなんですが、
夫の言動いかんですぐにブチ切れる、
いつまで経っても仏の心を持てない私。゚(゚´Д`゚)゜。


**夫婦のコト**

☆夫婦で過ごす素敵な時間☆
ダンナのこと!

読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ
 


50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります。
よろしくね(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



認知症の母のこと、『久しぶりに接すると優しくなれる』としみじみ思いますが、だからと言って、久しぶりの四六時中、ずっと優しい気持ちではいれません。
たとえ短い間でも、ブチ切れそうになるきっかけは、そこら中に溢れています。

母が、とても気に入っている目薬が、もう無くなりそうで買いに行きたいと言うので、お安い御用♪と気持ちよく引き受けました。

その目薬をググったところ、ネットでもすぐに買えるのがわかりましたが、母が出かけたがるので、ドラッグストアの実店舗にもあるだろうと一緒に行きました。

ところが、ドラッグストアに無いのです。ズラズラ~と並ぶ目薬の中に、母のお気に入りのその目薬がない。数件見て回りましたが、有名メーカーのものではないからか、店の方に聞いてもやっぱりない。

「あそこのそこの、すぐのところにあるのに、なんでわからないの?ほら、病院の・・・」

「え?病院の薬?」

「そう、よく行くところで小さいところ」

ははーん わかった
認知症の母との会話は、連想ゲームだと思えば楽しむことも可能です♪


かかりつけ医の処方薬を買う薬局で、母が飴玉をよく買っているのは知っていたので、きっと妹が同行してくれた時にそこで買ったのだろう、と目星をつけ、その処方薬局に向かったのです。

向かってる最中、車内の母は鼻歌交じりでご機嫌です。

ところが、その薬局の目の前に着いた途端、

「やだ、なんでこんなとこに来るの?」

いつもの薬局に来たと知った途端、180度変わって一気に不機嫌に。

「こんなところにあるわけない、何やってるの。わざわざこんなとこに来るなんて、やだ、もお、あっきれた。」

「rurucoだからわかってると思って黙っていたら、こんなところに連れてくるなんて。あるわけないでしょ。まったく、何やってんだか」

他人に見せる優しい笑顔とは想像もつかない、気に入らない時娘にだけ見せる、般若のような形相です。

「わかりもしないくせに、こんなところまで来るなんてっ!」

私にとっての母は、基本こんな感じの人なので、諦めのようなものもありますが、認知症だから仕方がない部分と、もともとのキツイ性格でイヤダと思う部分がごちゃごちゃになるのでタチが悪いです。

口応えなど一切せず、幼い頃からずっと良い子で過ごしてきました。

そんな母と私の関係性が明らかに変わったのは、数年前に父が亡くなった時。次に頼るべきは娘だと悟ったのでしょう。急に優しい言葉をかけるようになりました。そして私はやっと、少しは文句を言えるようになったのです。


「だって、ここで飴玉買ったりしてたでしょ。だから目薬もここかな~と思って」認知症相手だからと、抑えに抑えてなんとか優しく言うと、

「なにそれ、飴なんて買わない。そんなの買ったことない、そんなの食べたことない、なーんでそんなこと言うんだか。イヤな子ねえ。何でもわかってると思って頼りにした私が悪いのね。あーあ」と母。

去年行く度に買ってた飴玉のことを、すっかり忘れてます。
忘れちゃうのは認知症という病気だからしょうがない、でもその言い草はないでしょ。このイヤな言い方、昔から知る母そのもの。だからイヤ。キライ。

認知症だけなら優しく出来るんですけどね、あれなんだっけこれなんだっけ、可愛いものです。でも幼い頃から知る、母の嫌な部分に接すると、ブチ切れそうになります。

三越・伊勢丹オンラインストア

「お母さんの話じゃ、どこにあるのかわからないよ」← 出来るだけ抑えて優しく言ってるつもり。

「ああそうですか。」 ← 母、投げやり

「・・・・・」 ← 私、無言ながらもため息混じり。母それを敏感に察知。

「あーあ、もうそんなんだったら私は生きてても無駄だね、こんなに頭が悪いんじゃ。あーあ、早く死にたい。早くパパのところへ行きたい。」

出ました。最近の母の十八番。
最近は、気に入らないこと、自分の思い通りにならないことがあると、娘に向かってこう言います。

さすがに「じゃあ死ねば」とは言いません。それは売り言葉にただの買い言葉だから。幾らキライでも、親に向かってそんなことは言いません。その代わり、こういう時は無言を貫きます。母としては「死なないで」という種の優しい慰め発言を期待しているのでしょうが、そんなことは言ってあげません。言って癖になっても困ります。親の口から「死にたい」なんて発言は極力聞きたくありません。

もし、幼い頃からの記憶にある母が、『優しいお母さん』であったなら、
今、もっと愛情深く接することが出来たろうにと悲しく思います。

にほんブログ村テーマ 毒になる親へ

毒になる親
両親、父親、母親

ふー(*`Д') ストレス発散。お読み下さり感謝。


母が嫌い
どこにでもある平凡な毎日
ストレスの掃き溜め場

読んで下さってありがとうございます。
ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 



人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります。
よろしくね(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



↑このページのトップヘ