2017年11月

結婚して間もない冬のある日、お気に入りのセーターで出かけようとしたら、

「何なんだっ、その毛玉だらけの服はっっっ?!」by 夫

えっ、このセーター気に入ってるんだけど?

「そういう問題じゃなくて!よく着るセーターは毛玉になりやすいんだよ、気に入ってるなら毛玉取りなよ。ビンボークサイ」

ええー、そんなに汚くないのにぃ・・・
ビンボークサイだなんて、ひどいなあ・・・(ノ`Д´)ノ ぶつぶつ



セーターの毛玉、気にしなければ気にならない、という方もきっと多いに違いになく、かく言う私もずっとそのタイプでした。

ところが長年毛玉毛玉と言われると、いつの間にかそれもそうだと思うようになり、今では他人のセーターの毛玉を見ると「あ、気にしない人なんだ・・・」なんて思うようになり・・・・・

それで思い切って以前から気になっていたこんなものを買ってみた。
077

この商品、愛用者も多いらしく、手元に届くやいなやワクワクしながら使ってみた。

もともと、そうひどい毛玉セーターを持っていないので、劇的な変化を見ることは出来なかったのだけど、おおっ♪と思ったのがこちらのタイツ
076

画像↑左は毛玉クリーナー使用前、右は使用後。

何度か履いているうちに足元部分に毛玉がついて、飲み会のお座敷席などで、ちょっぴり恥ずかしい気持ちに陥った経験があるのは私だけではありますまい。

結構綺麗になるので、嬉しくなって今度は左側もガーガーとやってみた

ら、

ガガガッ と嫌な音がして、布地を巻き込んで破けてしまった(´;ω;`)チーン

タイツで良かった。セーターだったら立ち直れないw

調子に乗ってやり過ぎは厳禁だけど、安価なわりにいい仕事してくれます♪

商品の名誉の為に付け加えると、こちらの商品にはガードがついていて、ニットの毛玉取りをする場合は生地が切れるようなことはありません。ただし薄手の生地を扱う時は、より取り易いようガードを外して毛玉取りをするので、こんなこともあり得るというお話。

こちら⤵がその毛玉クリーナー。

母がグループホームに入居するにあたり、衣装持ちゆえかなりの服を処分しなければならず、ちょっと良さそうなものは、頂いたりしているのだけど、

これがなんともはや、毛玉が多くて(´・ω・`)

しかもなぜか、広い実家の日の光の中で見るとあまり気にならないのが、東京のマンションの室内で見ると、毛玉がやけに目立つから不思議。

毛玉に限らず、大らかな田舎なら気にならないことが、都会の喧騒の中では気になってしまうというのは、あり得る話かも。

理由はどうあれ気になるものは仕方ない。ひどいものはザクザクと捨てているけれど、中には毛玉さえなければと思うものもあるので、このクリーナーを使ってみよう。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


母のものはともかく、最近は安価なファストファッションに身を包むことも多い。
うまく着こなして高見え出来れば言うことないが、そうでなくても清潔感は大事にしたい。本体の中身は経年変化で古くなる一方なのだから、せめて外見は、美しくは無理でも、身綺麗でいなければ。



にほんブログ村テーマ 毛玉のお手入れ方法へ
毛玉のお手入れ方法

服のお手入れ方法
50代からのファッション

50代以降は残念ながら、カテがガクッと少なくなりますね。
こうなったら、年代にこだわらずお洒落感覚を取り入れたいw


40代からの似合う服と小物の選び方

40代からのトレンドの取り入れ方

50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 








また明日から実家に行くので、数日ブログの更新不能。

一度更新を怠ると、ずるずると長引いてしまう性分なので、せっかく数日いいペースでやる気になっているというのに残念。予約投稿と言う手もあるけれど、うーん・・・・・

実は先日、移動のバス車内から投稿しようと下書きしたが、スマホとipadを持参といえどもPCとは使い勝手が違い断念した。もっと時間をかければなんとかなるのだが、実家に行くとスマホをチェックする時間さえないほどだ。決して大袈裟な話ではない。家を片付けたり、慣れない車の運転をしたり、母関連の諸々だったりと、短期集中ゆえ、東京でのぐうたら生活とは一変して忙しいのである。

ブログの画像フォルダに未投稿の画像を発見。
先日、投稿を断念したときのもの。
20171107_01

ちょうどトランプ氏来日時の帝国ホテル〜霞ヶ関辺り。

普段より警官の数が多くて、何事かと思ったw

20171107_095054

日米の旗がw

他国の元首来日時も同じようにしているかが気になるけれど、多分プロトコール(国際儀礼)として決まりごとがあるに違いない。


20171107_094854

この日(トランプ来日時)、首都高速(東京都内の高速道路)は一般には閉鎖されてるのかと思ったけれど、ETCでスーと入れないだけで、昔のように一旦停止して(検問?)入ることが出来た。

投稿しよう!と意気込んで、高速バスの車内からスマホで頑張って撮ったのだ。
(だから妙に大きな画像のままw)・・・とはいえ大袈裟なタイトルですみません。

リアルタイムでないと意味のない画像なので、なんともマヌケなタイミングでの掲載になってしまったけれど、あの時の悪戦苦闘を思い出し(笑)日の目をみせてやることにするw


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


ところで連日話題の相撲問題。発端は力士同士の暴行事件の筈なのに、モンゴルとか理事長選とか、話題を広げて複雑にして、煽り過ぎのように思う。本当に暴行事件ならば、「正当な裁きを」と語る貴乃花親方の言葉が一番しっくりくる。

まさしく独り言なブログになってしまった。お読み下さり感謝。

にほんブログ村テーマ ひとりごとへ
ひとりごと
主婦のつぶやき・・・(*'-'*)

いろんな角度でニュースを語ろう
案外なんでも主婦目線が一番的確なことも多いんじゃない?!
最近のニュースに一言

50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 








母は衣装持ちで、自宅が水漏れでひどいことになっても、心配したのは自分の洋服のことばかりだった。

家は・・・と聞かれる度、(心配事は服のこととわかっていたので)衣類は確保してあり、これからも着ることが出来るから心配はいらないと、母にわかりやすい言葉で丁寧に優しく説明すると、理解して安心するのだが、また忘れて同じ質問を繰り返す。繰り返すのは認知症だから仕方ない、また辛抱強く同じ説明をするだけだ。

しかし長年住み慣れた自宅が住めないほどになったのだ、もっと他に気になることはないのかと、この人にとってはそんなことが一番気がかりなことなのかと、暗鬱な気分になったものだ。

自宅の水漏れも、認知症の母がしでかしたことだが、本人はそんなことは全く覚えていない。気楽なものだ。やってられない・・・その為にバタバタせざるを得なかった少し前、私はそう思っていた。

けれど今、冷静に考えると、認知症の母なりの、考えられる最善のことだったのかもしれないと思うのだ。
自宅が水浸しになったところで、母は自分が何をしたのか覚えているはずもなく、理解出来るはずもない。そして幸い直ぐに居心地の良い施設に移ることが出来たから、『衣食住』の食と住は何ら不足は無かったのだ。

だから生活していくために足りないのは『衣』だけで、それを心配するのは至極当たり前のことだとハタと気づく。

とはいえ、それなりの衣類は既に施設に運んであるのだ。にもかかわらず「毎日同じ服ばかりでイヤになる」とこぼす母に、何を言ってるのだと心で毒づいたことも事実である。

かと言って、家の片づけをどうするかとか、面倒な手続きのことだとか、そんなことを母が理解出来る筈も、思いつく筈もなく、母にとって大事で容易に理解出来る『衣』のことばかりを心配していたのは、そう考えると、むしろ理論整然としているような気がする。



今はグループホームに落ち着いて、皿洗いを手伝ったりして、率先してスタッフの手伝いをしているらしい。そして本人は介護される側ではなく、する側にいると思っているふしがある。そうして感謝されて喜ばれることは、とても嬉しく、楽しいことのようだ。それに周りの方が皆とても良い人達ばかりだと、あの母が人の悪口を一切言わないのだ。

以前より、素直で良い人になっているw(゚o゚)w オオー!

認知症で色々なことを忘れてしまっているけれど、健全な精神のあり方でいてくれることを、嬉しく思う。

そして、母をそんな状態でいさせてくれる、介護スタッフの方々には本当に感謝している。環境が良いから、穏やかにいてくれるのだ。

母の認知症は、少しずつではあるが、間違いなく進行しているという実感がある。

去年の9月に、母と私と妹の3人で京都旅行に行ったのであるが、あれから一年余り、母の様子は既に隔世の感がある。当時、母が理解出来るうちに旅行に行こうと慌てて計画したのだが、行けて良かったと思っている。とはいえ母は覚えていないのだから、良かったと思うのは私の自己満足に過ぎないけれど、それで良い、気持ちの問題が重要なのだ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


家が水浸しになったとはいえ、水で良かった。火事でなくて本当に良かった。

車の運転も、既にかなり危険な運転をしていたものの、周りのおかげで母のプライドを傷つけずに免許を返納することが出来、母はゴールド免許のまま運転を終えた。

寒くなる季節、毎日介護サービスを受けているとはいえ、朝晩は一人。暖房のことをはじめ、心配事は沢山あって、どうやって施設入居に軸足を移していけば良いのかと、頭を悩ましていたところでもあった。それが、思わぬ水浸しであっさり解決である。

私は信仰心は特に無いタイプだが、それでも母は父に守られているのかもしれない。そんなことをふと思う。

にほんブログ村テーマ 主婦の独り言へ
主婦の独り言

50代だけどたまには(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
40代主婦の日々&雑感

お気楽主婦の日常

認知症

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 








今日もまた、夫とランチに出かけた。

行く店が、自転車で行ける距離の時、私は自転車、夫は徒歩。
だから夫には先に家を出てもらい、現地集合である。

最近は大抵このパターン。帰りも別々。私はついでに好きなところに寄って、買い物をして帰る。

こんな話をしていたら、せっかく夫婦で外食するのに、行きも帰りも別々なんて、なんだか変わってる・・・そんな反応を感じたことがあった。確かに、ハレの日としての外食ならばそう思うのも無理はない。



しかし我が家は専業主婦と、自宅で仕事をする夫の二人である。四六時中一緒にいて、朝食だけはそれぞれ勝手に食べるものの、昼と夜はほぼ毎日一緒である。そんなわけで二人で外食も頻繁だけれど、別々に行き来するのはちょっとした生活の知恵だと思っている。

夫がオフィス通いしていた頃、二人での過ごし方は当然今とは違っていた。

家にいる時間が長くなると、妻のストレスは増す。逆もまた然り。

そんな生活も慣れてくると、たまの不在が嬉しい筈が、意外と変な感じがして、早く帰ってこないかな、なんて思うのである。

ところで、前回も書いたけれど、夫は気に入った店をリピートする傾向にある。傾向どころか、はっきりいってヘビロテ三昧だ。新しい店に行って、失敗するのがたまらなくイヤらしい。


070

インドカレーの店、と言えば、ナンで食べるのが王道だけれど、この店のライスは日本の白米ではなく、インドのバスマティ米なのだ。タイ米よりもさらに細長くてパラパラの米は、スパイスたっぷりでさらりとしたインドカレーに合い、私はとても気に入っている。

そういえばだいぶ前のコメ不足の時(1993年)、スポットを浴びたタイ米が、まずいのなんだのと散々な言われようだったことは、タイの方々に申し訳なかったと今さらながら思う。

日本の食事に、日本の米が最高に合うのが当然なように、タイ料理にはタイ米が一番美味しく、インド料理ならばインド米なのだ。(バスマティ米は、インドの高級米の名前。タイで言うところのジャスミン米的な存在かと)

071

同じ店にて。先週の図。

私は三種のカレーを選んでいつものバスマティ米と。
同じ店ばかりはつまらない、などと散々言ってたくせに、なんだかんだで私もヘビロテ三昧だ。いやはや慣れとは恐ろしい。。。

そして夫はお気に入りのマトンのビリヤニ。
鮮やかなライスの下に、骨付きマトンがごろごろと隠れている。

ビリヤニとは、インド風の焼き飯。
ここにヨーグルトやさらさらのカレーをかけて頂く。

日本の米を使ったカレーピラフのような、なんちゃってビリヤニが出てくる店が多いのだが、この店は本格的。スパイス使いも、日本のそれと違って豪快である。



食後はユニクロのセールを見に行った。

私の買い物に夫は付き合わないが、夫の買い物には付き合ってあげねばならぬ。

50代半ばのビシッとスーツを着た男性が、平日昼から一人で銀ブラでは、さすがに居心地が悪かろう。もともと『寄ってくる店員』が大の苦手な夫である。ユニクロにそんな店員はいないが、デパートだと必ずやってくる『寄ってくる店員』を、私があしらわなければならない。店員さんとの会話もTPOによってはそれなりに楽しいろ思う私とは正反対である。

銀座のユニクロは、大型店舗と言われるけれど、いかんせんワンフロアが狭く、メンズ売り場の7Fだか8Fまでエスカレーターで根気強く上がらねばならない。それに外国人観光客も多く、常に結構な混雑である。

私が独りで見るときは、専ら旧プランタンの上階に行く。ここはレディース専用店舗で、ワンフロアで見ることが出来て見易いのだ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


さて夫。目ぼしいものを幾つかチェックしていたものの、結局食指が動くほどのものは無かったらしい。

一緒に店舗を出ると、夫は家路についた。

私は、旧プランタン(マロニエゲートという名称に、未だ全く馴染めない)に行こうと思っていたけれど、ロフトやハンズで来年の手帳やカレンダー吟味することにした。カレンダーはともかく、大して使いもしないのに、手帳や文房具をあれこれ見るのが好きなのだ。

そうこうして店を出ると、まだ5時前というのに辺りは暗く、イルミネーションもキラキラし始めていた。

暗いし寒いけれど、キラキラは好きだ。

早いもので、あと一週間で師走である。

キラキラの時期がやってきたと思うと、ちょっとウキウキしてくる♪

にほんブログ村テーマ 幸せなランチの過ごし方へ
幸せなランチの過ごし方
ランチなに食べました?

無印の小物は好きだけど、衣類は断然ユニクロ派♪

大人が着る無印とユニクロの服

アウターのユニバレは、極力避けたいバブル世代☆私だ

ユニクロだよ!

50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 





映画を観に行こうと思っていたら、夫が寿司でも食べに行こうと言うので予定変更。

夫と外食すると、いつも食べ過ぎてしまう。
別に、一緒だと美味しく感じるから♪ なんていう可愛い理由ではない。

夫チョイスの店は、コスパが良くて、つまりそこそこがっつり系で量が多い店だということと、つい夫のペースに合わせて早食い気味になってしまうからに違いない。

パクパクと頂いてしまう寿司は、セーブしようにも美味しくて止まらない。

夫は生ものが得意でなく、好みのネタも私とは正反対なのだけど、私がお寿司好きだと知っているので、たまには連れて行ってやろうと思うらしい。






最近、認知症の母が、グループホームに入居した。
入居するにあたり、その部屋への荷物(たんすとか、衣類とか、仏壇とか、色々諸々)の運搬やら、飾りつけやらで妹と悪戦苦闘。お洒落な人だったので、出来るだけ洋服は持っていってやりたいとか、そのためにはハンガーがいるなあとか、なるべく部屋を明るい雰囲気にするために、可愛らしく飾りつけをしたりとか。。。

私も妹も、常に自分ファーストで生きてきた母のことが好きではない。
はっきり言えば嫌いである。

だけど、母は認知症になって、以前よりもずっと素直で人当たりがよくなった。

だからと言って今さら好きにはなれないけれど、いつまでも嫌いだ嫌いだと言っているのは生産性がないし、結局はたった一人の母親である。

たった一人の自分の母親に、みじめな思いはさせたくないし、これからの人生、楽しく明るく元気に過ごしてもらいたいと願っている。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


そんなわけで忙しくてブログの更新が滞ってしまった・・・と、言いたいところだけれど、やる気があれば更新などいつでも出来るのだ。単に怠け癖が出てしまったに過ぎない。ほぼ毎日アップされるブロガーの方も多数いらっしゃるように思う。
全く足元にも及ばない。


にほんブログ村テーマ 50代を考え暮らすへ
50代を考え暮らす
50代主婦日記

今、人生最大に肥えてます。どうにかしたいと騒ぎ続けて早何年・・・

50~40代のダイエット
すばらしきかな50代



50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



↑このページのトップヘ