2017年12月

来年の手帳を新調しました。

今年は以前から興味があった「ほぼ日」に手を出してみたけれど、ブログを始めた途端に書く頻度が落ちてしまった。

と言っても、ブログだってまめな更新は出来ていないが( -д-)ノ

一日1ページの手帳は、それなりに本腰を入れて書かないと続かないということがわかった。

それから、書くことは楽しいということも再確認。

PC歴も携帯歴も25年超だし、年のわりに?新しいスマホやタブレットに興味があるしで、私は結構なデジタル派だと思っていたけれど、案外アナログな人間だった。スケジュール管理は手書きの手帳が一番だ。

スケジュール管理だって・・・(* ̄∇ ̄*)笑っちゃうw

ぶっちゃけ私にとって手帳とは、たまの予定をうっかり忘れないよう控えておくための備忘録、かつメモ帳なのである。

072

購入したのはペーパーブランクスのレフト式。

実は今年初めて分厚いほぼ日にチャレンジするまでは、見開き一か月のB6サイズの薄い手帳を長年使っていた。

『予定』を書き入れるという点だけで言えば、私には見開き一か月で十分なのだ。

でも、ちょっとしたメモ書きやあれこれを書き入れたい時に、これではスペースが足りない。それで今年はほぼ日にシフトしたけれど、一日1ページは多過ぎたわ。大体手帳自体が分厚くて持ち歩くには不向き。コンパクトサイズのものと併用する方が多いらしいけど、私にその使い方は合わない。

それで、レフト式のものがちょうどいいかなと思って。

これね↓

075

でも、長年親しんだ見開き一か月のページも使いたいの。ほぼ日にもこのページはあったから、一日1ページに挫折しても、使えたのは良かったわ。


074

探したのは、この見開き一か月とレフト式が併用されているコンパクトな手帳。

実はほぼ日のウィークリーというのがまさにそのタイプで、愛用してる方も多いみたい。

でも、縦長過ぎるのよ。無駄に。

さらに吟味して最終的にペーパーブランクスとモレスキンの二つに絞り・・・

外観の好みから言うと、断然シックなブラックでまとまったモレスキン。
しかも、名入れまで出来るっていうじゃない。それ乗った!名入れは好きなの。ヴィトンの小物も名入れ出来ないタイプだとがっかりしちゃう。

一度は使いたかったモレスキン↓

もう99%決めかけて、最後に手に取ってパラパラと眺めてみた・・・

ら、


微妙に字が小さくて、印字も若干薄めで・・・


老眼にキツイ 。゜゜(´□`。)°゜。



ネットで購入しないで良かったわ。


見開き1か月かと思いきや、見開き2か月でマスが小さすぎるし。

その点、同じA5版なのに購入したペーパーブランクスの方は字がハッキリと目に飛び込んできたの。大安・仏滅の表示もあるし、海外の手帳だけど日本の祝日にも対応してるし。


あともう一つ、日本製の使い勝手の良さそうな手帳を却下して、海外ブランドの手帳の2択になった理由。

073

持ち運びする少し厚さのある手帳やノートは、だらしなく開きっぱなしにならないように留め具のあるものが好き。

海外のものはこのゴム留めが最初からノートについてるものが多いから、持ち運び用には選ぶことが多いの。日本製ではこのタイプがとても少なくて残念。

手帳にこだわりを持つのは30代が多いらしいけれど、ここのシリーズは、50代からの方が旬に感じるような気がする~。

それにしても、文房具や小物をあれこれ見て回るのは好きだから、このペーパーブランクスの手帳もだいのころも前から何度も目にしているのに、今までただの一度も心惹かれたことがなかったの。それが今は、とても良いものを見つけた♪良い気分でいるから不思議だわ。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

最後までお読み下さりありがとうございます。

にほんブログ村テーマ おすすめの手帳へ
おすすめの手帳

ほぼ日手帳 愛用者♪
「わたしの手帳術」・・手帳も育てよう♪

文具・文房具

50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 








12月、今週は主に自分メンテナンス。

白髪染め、歯のクリーニングに目の検査、プラセンタ点滴など。

若い頃は必要なかったことばかり。

なんだかな。゜゜(´□`。)°゜。





ところで、白髪染めはいつの間にか2か月毎では間に合わなくなった。

だから、美容院は白髪染め重視で選ぶこととなり、今通っているところは3-4年目くらいになる。

担当の美容師さんは、いつの間にかその店の店長になった。まじめな仕事ぶりが評価されたのだと思う。

年齢は30代半ばくらいの男性。

会話の端々から、なかなかの自信家であることが伺える。

でも、私は今、大いに不満なのである。

まじめな仕事ぶりというのは、店の経営とか、売り上げを伸ばすとか、そっち方面のこと。なんせ1.5か月毎に会って話す仲なのだ。以前から店のコストやお客さんを増やす話をまじめにしていたから、『オーナーから店を任されました』と聞いた時も驚かなかった。

四六時中しゃべりまくってるわけではない。こっちだって黙りたい時はあるし、パラパラと若向けの雑誌を眺めるのもたまには良いものだ。





白髪染めとシャンプーを終えて、最後の仕上げにカットしてもらうのだが、ここで結構しゃべる。しゃべってる間、カットの手も動くから、話が長くなると必然的に切り過ぎる。

私の髪はもともと細い。さらに加齢で髪は痩せると言うから、若い頃は多く入れていたレイヤーも、スタイルを整えるため程度で控えめにしたいのだ。

なのに、しゃべりながらチョンチョンと切ってる。まだ切ってる(((( ;゚д゚)))・・・そんなことがここのところ続いている。

「もう切らないで」と言えば良いだけのことだけど、これがなかなか、意外と気を使う。

だってプロの美容師がカットしているのに、しろうとが口出すってなんだか失礼な気がするし、

しかも会話をぶった切ってカットを止めてもらうことは、会話を途中で強制終了させることにもなるから、二重に悪い気がして声掛けのタイミングに思い切り気を使ってしまうのだ。

と言ってもいつも毛先のカット程度だから、少々の切り過ぎは大目にみていた(上から目線w)。

でも今回は前髪。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ




前髪はずっと伸ばしていたのだけど、急に切りたくなって自宅で自分でガガッと切ってしまったから、修正して欲しいと頼んだ。


ら、


なんというか、10代の子の前髪みたいな仕上がりなんである。

要するに、おでこを隠せば可愛いと思っているような、わかりやすいところで言うと、AKBの子たちの前髪みたい感じ。

前髪だから、カットの間、私は目を閉じているわけで。

で、開けてびっくり、ギリギリ眉毛ラインで揃った前髪。ヒドイ

しかもね、私の眉毛は左右で高さが異なる。だから眉毛の位置で前髪を揃えようとすると、微妙に斜めになるのよ。その微妙な斜めに、担当さんは気付いてないみたいだけど、私はすぐに気づいたわw

ナンナノコノマエガミハ!

言いたかったけど言えなかった。意外と小心者。


切られちゃたもんはしょうがない。今さら何を言っても無駄。


しかも、

「自分でシャンプーすると、前髪はもう少し上がりますよ♪」

なんて自信満々に言ってるしw



にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


最後の仕上げに、ヘアアイロンで毛先をほんのりくるりんとしてくれるのだけど、それも本当は気に入らないの。前に断ったら、しないと髪にツヤが出ないからと言われて、まあそう言うならと思ってやらせてるけど(また上から目線w)

毛先だけくるっとしたスタイルは、私には似合わないと思うし、それより根元からふんわりさせる方が好き。でもそれは時間がかかるセットだし、自分でやった方がうまくいくから言わない。



私は昔から美容師が仕上げてくれるヘアスタイルが気に入らないことが多くて、自分でやった方が好きなタイプ。だからここの担当さんの仕上げが気に入らないことも『いつものこと』。


だけど、セットはともかくカットされちゃうとどうしようもないw

前髪なんてすぐ伸びるとはいえ、やっぱりだいぶ印象が違うから嫌だわ。

うーん(´・ω・`)

そろそろ美容院変え時かもね。でも変えるのって面倒なのよ、パワーがいる。

今の店、好立地で店の雰囲気も良くて気に入ってるのに・・・


うーん(´・ω・`)

にほんブログ村テーマ 美容院へ

美容院

東京近郊 女性のための 癒しの場♪

美容師

『美容院』と呼ぶのはなんとなく古臭い?!

ヘアサロン

他人様のストレスは蜜の味・・・

ストレスの掃き溜め場

やっぱり王道、ついつい読んじゃうw

主婦の独り言


50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 








『来年の年賀状、どうする?』

ここ数年、年末になると会話の定番と化している話題である。

「やめちゃった。やめるとスッキリするよ。」と答える人も増えてきて、大いに感化されていた。

「でもね~、大野君がCMしてるからやっぱり出すことにしたの♪」という人もいた。ファンクラブに入り、青森から毎年各地のコンサートに足を運ぶつわものだ。こういうモチベーションを私は絶対に持てないので、そのキラキラしたバイタリティーは羨ましくもある。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
ランキングに参加してます


年賀状、ここ10年くらいは、ただの惰性で仕方なく出していたように思う。

それを、今年の正月から思い切って止めた。

知り合いになっても、住所交換をしなくなったのは20年くらい前からだろうか?

ちょうどその頃、習い事仲間の一人が、年賀状を出したいから住所を教えて欲しいと、お茶をしていた仲間数人に紙を回そうとしたことがあった。ずっと昔よく見た光景。一枚の紙に、それぞれの名前と住所を書いて回していくというアレだ。

当時はやっと折り畳みの携帯電話が出てきた頃。それでもPCがあればメール出来たから、仲間内の連絡はそれだった。しかも全員知り合ってまだ一年余りの時だったと思う。だから紙を回されそうになって、コーヒー片手にみんな妙な顔つきをしていた。

誰かが、「最近はメール交換ばかりで住所交換をしないから、今回はパスしたい」と言うと、待ってましたとばかり、「あ、同じー、ごめんね」なんて皆言いだし、誰も住所を書かなかった。もちろん私も。

その人は、とても残念そうな顔をしていて、少し心が痛んだけれど、これは仕方ない。言われるままに書いていたら、彼女だけが全員の氏名と住所を知ることになり、大して親しくもない彼女からの年賀状に書きたくもない返信を出さなければならない未来が見えた。



その頃から、年賀状リストに新たに誰かが加わることはなくなった。学生の頃の友人や新卒時代の会社仲間、親戚関係でほぼ固定化されていた。

もともと友達は多い方ではない。はっきり言えば少ない。出す枚数はたかがしれている。

枚数が少ないから、印刷を業者に頼むのはどうかと思うが、自分で作るとなると『どの絵柄をダウンロードすべきか』で悩む時間は同じである。ネットでチェックすると、イイ感じの干支の図柄がいくらでも見つかる。いくらでもあり過ぎて、決め手に欠けて、悩むのだ。名前とのレイアウトとか、年号を入れようとか、意外と時間がかかるものだ。

そうして宛名も全て印刷で済ませたら、あとは一言二言、直筆でちゃちゃっと書いて終わりである。一番肝心なところに、全く時間をかけない不条理。

こんな年賀状をもらっても嬉しくないだろうと、我ながら思う始末。

それで、とうとう今年からきっぱりとやめた。



今はもうスッキリだ。

もちろん失礼がないように宛先メンバーには挨拶を入れた。

まず大きく三つのグループに分けた。

ラインを知ってる人、メルアドのみの人。ラインもメルアドも知らない人。



【ライン】 元旦に新年のスタンプを使いながら、年賀状をやめた報告と挨拶。

【メルアドのみ】 クリスマス前にクリスマスと新年のグリーティングメールを送り、来年から年賀状を止める報告と挨拶。

【住所のみ】  届いた年賀状に、寒中見舞いを出し、止めた報告と挨拶。

年賀状だけの付き合いでもう2-30年会っていない人もいて、これで年賀状もやめてしまったら、もう二度と付き合いはないだろう、いや万一何かで会うかもしれないが、その時はその時だ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


自分なりに考えた方法だけれど、今も親しく連絡を取るライン友を除けば、長年の付き合いを急にスパッと切るなんて、なんて失礼なヤツだ、と思った人もいるに違いない。

そう思われるのは、さすがにイイ気分はしないけど、自分で蒔いた種だ、仕方ない。やめてスッキリ楽ちんな解放感を得るためには、失うものもあるのだ。

たかが年賀状で大袈裟だけれど。


にほんブログ村テーマ 年賀状♪へ
年賀状♪

字が綺麗だったら、年に一度のご挨拶、続けていたかもしれないな。

手紙 年賀状・暑中見舞い・カード

実家関連の親戚は、父逝去のゴタゴタでいつの間にか出さなくなったけれど、
問題は夫関連親戚。実は夫は年賀状を止めてません(゚∇゚ ;)エッ!?


ぐうたら主婦

かく言う私はぐうたら主婦の自覚、アリマス

主婦のつぶやき&節約&家事etc...


50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 








実家の片付けやら諸々で下半身軽く筋肉中。
いかに普段ぐーたらな生活をしているか身につまされる。

ところで、今23時過ぎ。私が更新するのは24時を回るだろうから、もう12月、2017年の師走だ。

毎年毎年、飽きもせずに同じことを思うけれど、本当にあっという間でびっくりする。

実はこの感覚、心理学的に証明されているらしく、その名も【ジャネーの法則】。

19世紀のフランスの哲学者ポール・ジャネ氏が【主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した】Wikipediaより引用

堅苦しいので私なりにひも解くと、子供の頃は一年が長く感じられたけれど、大人になるとあっという間に過ぎていく感覚のこと。実際小学生の頃なんて、早く上の学年になりたいのに、一年は長いなあと思っていたことを覚えているもの。

それが、今や一年なんて本当にあっという間。
しかも、『大人』と言っても20代の頃と今とじゃ、感覚はさらに短くなっているわけで、これからますますもっと短く感じるようになっていくんだわ~

だけど要するに、年を取ると一年を短く思う感覚というのは、万国共通ってこと。

12月、『もう一年が終わる~!』『またクリスマスシーズン?!はやっ!』なーんて、世界中の大人たちが騒いでいるかと思うと、なんだか微笑ましくてホッとするわ(´∀`*)



さて、来年のカレンダー購入。

068

自分用と夫用、それぞれの部屋のデスクトップに。
コンパクトサイズはキッチンに。

今年初めて三か月タイプを使ってみたら、とても便利でリピ決定♪
月末になって、翌月分をちらちらとめくる必要がなく、常に翌々月まで見渡せる便利さに慣れると、一か月タイプに戻れません。



二か月タイプの方が種類も多いけれど、私は断然三か月の欲張り派。

とはいえ、私は卓上カレンダーに書き込みを『しない派』なので、余計なスペースが必要ないことも理由かも。

少し大きめのカレンダーに、家族それぞれの予定を書き込む方も大いに違いない。

私は(大した予定はないけれど)予定は自分の手帳に書き込んで、家族である夫には、必要な日程だけ知らせておく。泊りが多い実家訪問は必ず事前に伝えるけれど、それ以外のことはその当日になって「○○へ行ってくるから」なんてことも多少なくない。秘密主義ではないし、聞かれて困るようなことは見事なくらいに何もない。だけど、何でも全てを晒してしまうのは癪にさわる。私も小さい人間だとつくづく思うけれど、変なプライドがそうさせる。

くどくど書いてしまったけれど、卓上カレンダーに書き込まないのは、それ以前に美しくないから好きじゃない、というのがある。字が上手くないのも理由かもしれない(苦笑)

夫も同じく書き込みを『しない』人なので、便利だからと強制的に同じ3か月カレンダーを使ってもらう予定。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ



そういえば、母の為に日めくりカレンダーを買ったのは3年ほど前のこと。毎日めくるようにと言い聞かせ、認知症対策に少しでも役立てばと思ったけれど、あっという間に母は一人で暮らせなくなってしまった。

ブログの説明文に”独居の母は認知症”と書いたままなのが、先日から気になっている。今はもうグループホーム(認知症対応型共同生活型介護)に入居する身となり、独居における心配もなくなった。だけどあの説明文、短く完結にまとめるのが苦手で後回しにしている。。。

にほんブログ村テーマ 深層心理学 無意識 精神分析 唯識へ
深層心理学 無意識 精神分析 唯識
ちょっと難しそうだけど、秋の夜長に読んでみるのもいいかも。
心理学

カレンダー、暦



やっぱりこういうことに一番関心がある~ シミが増えた(´;ω;`)
美エイジング

50歳代ランキング

ランキングに参加してます。
クリック頂けると嬉しいです(*・ω・)ノ 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

更新の励みになります(*・ω・)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 








↑このページのトップヘ