2018年02月

実家の片付けに行ったり、オリンピックを観ているうちにあっという間に2週間、更新しないまま過ぎてしまった(((( ;゚д゚)))

今回のオリンピックは、ドラマチックな展開にメダルが伴って、殊更楽しめました。連日夫と二人TVにかじりつき。やはり日本人選手の活躍は嬉しいものです。




さて、実家の片付け、というか実家の断捨離とでも言うべきか。

とにかく、もう住む人のいない家に溢れるモノ達を捨てまくっています。

はじめの頃は、捨てることに罪悪感を覚えたし、とっておけば何かに使うかも・・・などと考えてなかなか捨てられなかったけれど、何度も実家に通ううちに、「ええい、もう捨ててしまえ!」という気持ちになって、バッサバッサと捨てています。

それでもなかなか捨てられないのは写真。
特に幼い頃の白黒写真。

そういえば、妹と私では圧倒的に姉である私の写真が多い。これはきっと、最初に生まれた子供のあるある話だと思うのだけど、それにしても私の写真ばかりで、一緒に作業をしていると妹に申し訳なく思うほど。

あまりにも沢山あるので、後日デジタル化しようと自宅に持ち帰っている。


それから、もう捨てるしかないけれど、その前に画像を撮ったのがこちら。
013
オルゴールメリー。

オルゴールは別添えで、もう音は鳴らなかったけどw

天袋の一番奥にありました。

にほんブログ村テーマ 押入れ~クローゼットの収納へ
押入れ~クローゼットの収納

うちの母、何でも捨てずにとってあるものの、保管状態がことごとく悪くて残念なものが多いのだけど、これは箱に入ったまま、汚れも何もなく丁寧に片づけられてました。

しかも私が生まれた当時は、今片づけている家とは別のところに住んでいて、それからまた別のところに引っ越し、その後この実家に越したのです。つまり、2度の引っ越しにも関わらず、大事に取っておいたんだなあ

今見ると、500円か、少なくとも千円はしないような、下手をすると100円ショップで手に入りそうな、そんなシロモノではあります。

でも、およそ50年前の穢れのない私の瞳(爆)に、これが映っていたことは間違いなくて、そう考えると感慨深くてそのままゴミ袋に捨てられず、片手に持ってウロウロと、どこか掛けるいい場所はないかと家中ぐるぐる。

結局いい場所は見つからず、廊下にむりやり引っ掛けて

014

こちらは七五三で使ったもの。

何だろう?と箱を開けたら、華やかなものが目に飛び込んできました。
右上に見えるバッグなんて、見た目はとても綺麗だけど、がま口を開くと劣化でボロボロです。シミもあるしw

真ん中にある小物入れは使えそうなので取っておきました。

他はゴミ袋へしまい込み、今はもう、メリーと共に跡形もなく焼却炉で燃えてしまったことでしょう。

でも、写真に納めてブログで発信することで、供養というか、モノは捨てたけれど無じゃないというか、要するにただの自己満足だけれども、とにかく自分としてはこれで納得。そして満足。

にほんブログ村テーマ 断捨離できないもの、残したいものへ
断捨離できないもの、残したいもの
何でもかんでも捨てればいいってものじゃない。残したいものも沢山あります。

思い出の詰まったモノを捨てるのは切ないけれど、切ないと思えるうちに対処すべきだとも思う。







母は、施設で元気に暮らしてます。
認知症だから、思い出さえも忘れてしまったけれど。

にほんブログ村テーマ 認知症へ
認知症

断捨離して心も懐もハッピーライフ


お読み下さり感謝です。 


人気ブログランキングへ



クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



結婚前、付き合いだした夫と初めて迎えるバレンタイン、私は張り切っていた。

まだ彼の好みもわからない当時、どんなチョコにしようかと迷いまくり、行きついたのが”自分が美味しいと思うチョコを贈る”ことだった。

ちょうどその頃、バレンタインの期間限定でフランス?の有名ショコラティエが店を構えるというニュースがあった。そこの売りはオランジェット(チョコレートをオレンジピールでくるんだもの)で、それが大好きだった私は、『これだ!』と即決して足を運んだ。

場所は表参道のモリハナエビル。約20年前、改築前のこと。

店の前にはお洒落な女性たちが長蛇の列を作っていて、順番まで1時間程度だったろうか、後にも先にも食べ物を買う為にそんな風に並んだのはこの時キリのような気がする。




確かグラム売りで、私が買ったのは1万円はしなかったけれど、そこそこのいいお値段だった。

そしてうきうき気分でバレンタイン当日、

ドライブデートの後、彼の家でコーヒー淹れて、チョコを食べようとリボンを開封した・・・・・・・



ら、







「あー、俺こういうの嫌いだから。」








「高級でもなんでもさ、俺はそこに価値を見出さないから、好きなら自分で全部食べたら?」









ぐぅの音も出ないというかね・・・




なんとも冷たい言葉に、もう涙も出ませんでしたわ。




これ、発言をまとめて要約して書いてるわけじゃなく、
本当にきっぱりはっきり、こういう風にさらりと言ってのけるんです。



結局言葉通り、彼は一つも口に運ばず、全て私が平らげました( -д-)ノ

それから何年か経って、友チョコや、自分に贈るチョコなどが出てきた背景には、多かれ少なかれ、男性には夫みたいなタイプ、少なくないのかも、と思ったり・・・





そして夫のスタンス、今も全く変わらず。


お世辞を言わず、容赦がない。 

いや、容赦は無くもないけれど、とにかく結構相当にキツイ。しかも、自分は正しいことを言ってるだけなのに、何がキツイかわからないらしーからタチが悪いわあ

こういう人だから、疎まれたり誤解されることも多いと思う。
その代わりウソがないので信頼性は抜群で、仕事でも、付き合いの長い人とはとことんな感じの様です。




でも、チョコは好きなんですよ。無駄に高級で好みに合わないのが嫌いのよう・・・



今年はロッテのラミーを大人買い。

009

食後はコーヒーと共に、甘いものを口にすることが多い我が家。

チョコレートは常に何かしら欠かさずあります。

冬季限定のラミーは中でもお気に入りで、

「(春になって)無くなる前にまとめて買っておいて」だって(笑


お読み下さり感謝です。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


人気ブログランキングへ


たまにはこんな話も・・・にほんブログ村テーマ 男と女のお話へ男と女のお話
・・・・・・・・・・・・にほんブログ村テーマ 夫婦、夫、妻へ夫婦、夫、妻

バレンタインデー

バレンタイン

クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



2年ぶりにヘアサロンを変えた。

近年の私は、白髪染め必須なので大体2か月ごとに通っている。

昨年の手帳をチェックしたら、年間計8度足を運んでいた。

だからサロン選びのポイントの一つは、白髪染めの料金が、通常のカラーリングと同料金であることだ。

白髪染めはお洒落に言うとグレーカラーと言うらしいけれど、紛らわしいのでベタに『白髪染め』でいきます


というのは、白髪染めは通常のカラーリング料金に500円か千円程度プラスした料金設定にしているところが案外多いことに気づいたからである。

別に、500円か千円をケチりたいわけじゃなくて(。・ω・)ノ゙

普通のカラーと白髪染めでは薬剤が違うから、そこに価格差が生じるのは不思議なことではないけれど。

白髪染め世代に対するウェルカム度合いをそこに見るというか。

自分以外のお客が2-30代の艶髪女性だらけだった、なんてのは居心地悪いもの。

膨大なサロンの中からピックアップするには、この程度の条件は必須。

にほんブログ村テーマ 白髪染め~ヘアカラーについてへ
白髪染め~ヘアカラーについて

ただ、白髪染め自体に美容師による技術の差はないと思うから、あとは実際に行ってみてカットやシャンプーで相性をみるというか。。。

ぐだぐだ書いてるけど、要するに、もともと猫っ毛なうえに、加齢によってさらに頼りなくなった髪質の悩みをわかってくれて、対処してくれる美容師を熱烈希望w


今まで担当してくれていたのは30代の男性。

途中から店長に抜擢されると、店の売り上げや、店全体のこれから話をよくするようになって、それはそれで相槌打つのも楽しかったけどね。

付き合ってる彼女との結婚をどうしようか、彼女は自宅だから賃貸の料金の高さをわかってなくて・・・なんて話を聞くようにもなったのも面白かったけど、少しうるさく感じるようになって、その分こちらの髪の悩みがおざなりにされてるというか、個々への丁寧さが減ったというか。。。

店長さんになって、頻繁にスタッフがコソコソ耳打ちにやってきて、その度に『失礼します』と席を外すのもなんだかなーだったし。




同年代、とは言わないまでも3-40代の女性美容師に担当してもらいたいw

でもなかなかね・・・みんな若くて。

ヘアサロン激戦区だから、かえって色々と新陳代謝が激しいのかも。






今回初めてお世話になったサロンの担当者は、アラフォーの男性美容師。

お子さんが4人もいるそうで、子煩悩で優し気な雰囲気。

こちらの悩みをよく聞いてくれて、ものすごく時間をかけてカウンセリングしてくれたのは驚くほど。まあ最初だからかもしれないけど、なかなかの好印象。

ただ・・・お子さんの話が多くて、ちょっと疲れるかも・・・
それに平日の昼間とはいえ、他に客が男性一人だったのも気になる・・・

うーん こんなこと言ってる私が面倒な奴なのかも Σ(´д`;)


パーフェクトって難しい。

来月も同じ店に行ってみる予定。



お読み下さり感謝です。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


人気ブログランキングへ


にほんブログ村テーマ ヘアカラーへ
ヘアカラー

美容院

『美容院』と『美容室』・・・違いがわからんw

美容室〔ベストサロン〕

ウィッグで綺麗にクールに!

ウィッグ・・・興味あります!

美髪のために


ハッピーエイジング☆美しく健康に生きる♪

アンチじゃなく、『エイジング』として捉えるのが好き☆

エイジングケア情報

人気ブログランキングへ


クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 




映画『ロング・ロングバケーション』を観てきました。

内容的にはミニシアター系の作品だと思うのだけど、それが大手シネコンTOHOシネマズで上映されるというので、良作に違いないと前から是非観たかった作品。

いえいえ、別にTOHO押しなわけじゃありません。

映画館で観るなら洋画じゃなきゃ!という、(多分とても)古い感性の私としては、シネコンといえど上映作品の半分以上が邦画という状況に、残念な思いをしているわけで。

一昨年くらい前、久しぶりに映画館に行こう!と勢い込んだ時、上映作品の一覧を見て、その邦画の多さにびっくりした私。

ここは日本なのだから、むしろ日本映画が多いという当たり前の状態になったわけで、それは喜ばしいことなのだけど、幼い頃からの習慣というか慣習というか、そういうのはなかなか修正がきかないもので。

マセガキだった私は、『平凡』や『明星』は決して買わなかったけれど、『ロードショー』や『スクリーン』は買ったなあ・・・


ところで上映前の予告編で面白そうだったのは阿部寛さんの出演作品。
何作にも出演されてるから驚きました。
演技力もさることながら、やはり見栄えがしますもんね。

私にとって、阿部寛さんと言えば『ノンノ』。
ノンノの大賞を取った時のインタビュー記事を、私、実家の自分の部屋で読んだ記憶があります。お姉さんの推薦で応募したとか、賞品の赤い車が欲しかったとか・・・
当時の私は『アンアン』じゃなくて『ノンノ』派だったなあとか。。。あー懐かしい

どんどん話が明後日の方向に行っちゃいそう(^^;




さて、今回鑑賞した『ロング・ロングバーケーション』は、期待通りの良作で、特に同年代の方にはお勧めできる作品デス。

鑑賞している平均年齢も、明らかにとても高くて、私は若い方だったかもしれないくらいw


にほんブログ村テーマ 外国映画、洋画へ

外国映画、洋画


連れ添って50年、末期がんの妻と認知症の夫が、ある日突然子供達にも内緒で、愛車のキャンピングカーで人生最後の旅に出る~というロードムービー。


にほんブログ村テーマ キャンピングカーで全国旅へ
キャンピングカーで全国旅

キャンピングカーと言うと、国土の広いアメリカならではと思っていたけれど、日本にもこんなトラコミュありました。楽しそう☆



設定だけ聞くと湿っぽい話を想像しがちだけど、この作品はそんなことなく、ウィットに富んだ会話にクスクスしたり、ホロリと涙腺ゆるんだり。

アメリカのルート1を南下していくその風景が、カラリとした青空とともに美しく、心が洗われるようで。

認知症の夫もとてもキュートに描かれていて、本当の現実の認知症は、そんなに甘くはないと思いつつも、ほのぼのとした気持ちで観ることが出来ました。



ラストは賛否両論だろうけど、私はやっぱりなと思ったし、いいなと思った。

妻が赤いルージュをひくシーンが印象的。

じわじわくる作品なのに、決して湿っぽい気分にはならない、それが私が良作だと思う所以。


お読み下さり感謝です。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


人気ブログランキングへ

にほんブログ村テーマ 夫婦、夫、妻へ
夫婦、夫、妻
映画観て話をすると、感化されやすいんだね、と小馬鹿にされます( -д-)ノ・・・

**夫婦のコト**映画の感想


☆夫婦で過ごす素敵な時間☆


主婦の独り言

人気ブログランキングへ


クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 



一昨年前のことだけれど、料理中に軽い火傷をした。

いつものように氷をしばらく当てればすぐに治ると思っていたのに、手の甲に薄っすらと茶色く残ってしまった。

場所が場所なだけに気になって仕方ない。

手の甲に茶色いシミだなんて、顔のシミ以上にイヤなものだ。

手は、顔よりはるかに手入れの差が出ると思っている。

気持に余裕が無ければ、手元の手入れになど気が回らない。





ちょうどその頃、ヤマイモをすりおろしたら、手の平にブツブツと赤い発疹が出て驚いた。今までそんなことは一度もなかったから、大慌てでアトピー系に強いと言われる皮膚科に駆け込んだ。

ついでに、その男性医師に手の甲も診せたところ、

「あー、これは女性は気になるでしょう。出来たばかりの火傷? それならハイドロキノンで色は取れますよ。」

”肌の漂白剤”とも言われる『ハイドロキノン』のことは知っていた。

プラセンタ注射をお願いしている別のクリニックで、シミ用に処方してもらったことがあるのだが、皮膚が赤くなってしまい、私には合わないと思っていた。

その話をしたところ、「うちのは保湿成分が多いから大丈夫だと思うけど、顔の皮膚は敏感だからねえ。手なら大丈夫じゃないかなあ。」

どうしますか?と逆に聞かれてしまって、とりあえず試してみることに。



クリニックで処方される『ハイドロキノン』は、市販のそれより高配合で効き目も高いと言われるが、保険は効かず、価格はクリニックによってまちまち。そして処方そのものも、クリニックによって微妙に違いがあるそうだ。



手の甲につけてみると、早速薄くなった”気”がした。

これなら顔につけても大丈夫そうだと思えたので、手の甲と顔のシミの気になるところに毎晩塗った。

効果が実感出来ないものだと続けるのは苦痛なのだが、効きそう♪と思えると現金なもので、欠かさず続けることが出来た。

手の甲の火傷跡は、すぐに対応したのが良かったようで一か月後には消えてしまった。

それで気をよくして、その後も顔のシミ対策に処方してもらった。

5g入りのチューブで、そこでは1本4000円だった。

感じ方は人それぞれだが、効くかわからない美白化粧品などよりも、よほど安いと私は思う。

そんなわけでこれを数本、私にしては地道に根気強く数か月続けたところ、確実に肌のトーンが明るくなった。

実はハイドロキノンはwebでも簡単に購入可能。



この辺りはレビュー数も非常に多いので、合わなければ即使用を中止するつもりでお試しするには良いのかも。



実は私も、クリニックへ通うのが面倒だったので、ネットで同等のものを買えるならばと試してみた。

でも、私には効いてる気がしなかったので、またもやクリニックへ舞い戻って処方して頂いた。

シミは色々なパターンがあるようだから、必要によっては内服薬やトレチノインと並行した方が、早く確実に治るらしい。

私はハイドロキノンだけを数か月続けたのだけど、肌のトーンが明るくなって、今でのファンデが全く合わなくなってしまった。

長年ずっと、黄みの強いオークル系ファンデを使っていたが、今はそれより一段明るい色がしっくりくるようになった。

良いことづくめのようだが、大きな落とし穴もあった。

実は肝心のシミそのものはさほど薄くならなかったので、全体のトーンが明るくなった分、かえってシミが気になるのだ(。・ω・)ノ゙

そうそう、ヤマイモの発疹はすぐに収まり、アトピーでもありませんでした。

にほんブログ村テーマ トレチノイン&ハイドロキノンへ
トレチノイン&ハイドロキノン
美容皮膚科だと、セットで処方されることが多いらしい。

『最上級のすっぴん美人☆』
(●´ω`●)

アラフォーからの本当のエイジングケア探し
私のアラフォー時代はエイジングなんて考えてなかったわ~

美肌&アンチエイジングにはこれが効く♪

お読み下さり感謝です。 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

人気ブログランキングへ


クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 





↑このページのトップヘ