2018年03月

年末から続けている実家の片付けも、そろそろ佳境。

さっさとやり終えてしまいたいのに、思い出の品や写真の処分はつい立ち止まって時間がかかる。

そんなわけで、私のセンチメンタルシリーズ第二弾。



今回大いに立ち止まってしまったのは、母方の祖母のレース作品たち。

015
機械織りでなく、全て祖母の手編み。
かぎ針たった一本で、丹念に編み上げた作品だ。
016
どれもとても大きくて、スマホの画像ではうまく収まりきらず、
017
これで↑直径2メートルくらい。

にほんブログ村テーマ レース編みへ
レース編み

母方の祖母は、生け花の師範で生徒を抱えていたし、私の七五三の着物の仕立ても手製でしてくれたことを覚えている。きっと、戦前の女性の手習いと言われていたようなことは、ひと通り身についていた人だったと思う。

明治生まれの祖母は、戦前戦中を波乱万丈で生き抜いて、そして戦後、私が生まれた頃はすっかり落ち着いて生け花を教えていたけれど、当時の祖母の家は複雑な家庭環境だった。

それからさらに後年、祖母はレース編みを始めた。

時々祖母のところへ遊びに行くと、作業中のレースが置いてあった。

当時は何とも思わず見ていたけれど、今考えると色々なことが胸に去来する。

パッチワークや毛糸の編み物など、全く比較にならない細かさである。
その上これほど大きな作品を、幾つも幾つも祖母は作り続けた。

作ったものは、人にあげていた。
殆どは母が貰っていたと思うが。

売るとか、展示会で披露するなどということは一切なかった。

どれほど膨大な時間を、独りで黙々と作業していたのだろう。
018
その膨大な時間を思うと、とてつもなく切ない。


それなのに、残念ながらマンション住まいの私では、有効活用することが出来ない。

チャリティーやバザーなら、安価で誰かに譲れるかもしれないと思うけれど、残念ながらそういうツテがまるでなくてわからない。




そんな時は、こうやってブログで紹介して、私なりの自己満足を遂行する。






そういえば祖母の家に突然遊びに行っても、家中塵ひとつ落ちていなかった。

母は、その家のことを時折『洋館が・・・』と言っていた。

そういう、それなりの、家だった。

そんな広い家にも関わらず、祖母は、掃除機を持っていなかった。

買えなかったのではなく、買う必要がなかったのだろう。

昔の人は、便利な家電に頼ることなく清潔を保っていたのだ。

家の中は常に全てが祖母らしく、清廉で整然としていた。

そして、私達孫にはひたすら優しいおばあちゃんだった。




それにしても、気が遠くなるほどの長い時間を、作業に没頭して過ごしたに違いない。そうするしかなかったのだろう。。。




今なら、インターネットがある。


祖母がインターネットを使える環境に生きたなら、どんなことをしたのか見てみたい気がするけれど、私のぐーたらな生活ぶりを見たら、何というだろうか・・・



あの祖母なら、きっと怒らず、ニコニコして「いいねえ♪」と言ってくれる気がする。


にほんブログ村テーマ やさしいきもちへ
やさしいきもち     今の気分デス☆

思い出

断捨離できないもの、残したいもの


お読み下さり感謝です。 


人気ブログランキングへ



クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 








時折マッサージの施術を受ける。

整形外科で典型的なストレートネックと診断され、首回りも腰回りも骨に”遊び”が少ないと言われたのは、もう何年も前のこと。要するに、背骨に本来あるはずの『しなり』が少なく、真っ直ぐなので、緊張し易く、痛めやすいということだ。

とは言うものの、この程度では『病気』レベルではないから、ストレッチをするとか、日常の姿勢を省みるとかして、対処療法的な自助努力しかないようだ。。。

というわけで、時折マッサージを受けるのだが、今通っているのはちょっと流行りの美容整体で、小顔矯正・骨盤矯正・首の凝り、頭皮マッサージ等のメニューがあって、私がお願いしているのは首と背中と頭皮のマッサージ。

にほんブログ村テーマ 整体する人・されたい人へ
整体する人・されたい人

特に首から頭皮へのアプローチが気持ちがよくて、ついウトウトすることもあるほどだ。

ところでサロンに初めて足を向けたその日、施術者が男性なのは聞いていたものの、ピンクのピタピタのポロシャツを身にまとった男性(仮にA氏とする)が出てきてギョッとした。

そして挨拶を交わすと、その物言いからA氏がおねえ系なのはすぐにわかった。



あー、だからかあ。


腰回りや骨盤施術を男性がするのって、みんな平気なのかしら???と疑問に思っていたのだけど、これで納得。
男性には、首・肩・頭・足裏のマッサージ以外は出来れば避けたいと思ってしまう。

A氏の年齢は40代前半(と本人が言っていた。。。多分「えー見えない!若いですね~♪」的なノリを期待していたと思うのだけど、そのまんまに見えたから「ふ~ん」としか反応出来ずw)。

いかにもおねえ系らしく、話し上手で聞き上手だから、楽しい上にリラックス出来る貴重な時間。


施術も問題無し。


そういうわけで10回分のチケットを購入して通っているのだけど。

何と言うか・・・


最近A氏から、おねえ系独特の、柔らかな言葉の中に潜む強い『圧』を感じるというか。

施術は一回90分で、10回分のうち既に6回終了。

要するに、またチケットを買ってくれ、出来れば次はもっと高額なチケットを買ってくれ的な『圧』を感じるのだ。




人気ブログランキングへ



施術中、骨盤の歪みの話が出てくると、明らかに歪んでいる私はすぐに会話に乗っかっちゃうし、暇そうで金回りも良さそうな50代主婦、いいカモだと思われてるのかもと思い始めている。

A氏曰く、『首回りの凝りがとにかくひどいけど、骨盤も治してあげたいわ。しなきゃだめよ。根本的な解決には・・・』

おねえ系男性と、これほど話すのは初めてだから、さすがの話術だ~ と感心しながら面白がって聞いてはいるけれど。

呼吸法や私に合ったストレッチを教えてくれたりと、常に丁寧な対応だし、相変わらず話しやすくて、長年の友人のように何でも話してしまいそうになる。

だけど、A氏にとってそれはあくまで営業トーク。
私はきっと『いいカモ』なのだ。

A氏、キャラクター的にはTVで見るIKKOさんに近い気がする。

外見はすっぴんのIKKOさん的な?

A氏、化粧っけもないし、顔立ちも髪型も男性そのもの。
服装はサロン営業用のうすいピンクのピタピタポロシャツしか見たことがないけど。

あ、ピタピタなのは、胸板が厚いからw
相当鍛えてると思うわ、あれは。
ナルシストだと思う~

それに、会話に時折『春日』が出てくるのも笑える。
ピンクのポロシャツつながりに思えて、タイプなのかしら?とか余計なことを考えてしまうw




で、言葉は丁寧で柔らかいけれど、ちょいちょい有無を言わさぬ『圧』を加えてくる気がしている。

A氏が次に私に勧めるマッサージチケット、10回分で22万ですって。
本来なら1回25000円だから毎回3000円もオトクよって。

お得も何も、無駄に高い、高過ぎる。

ちなみに今購入しているチケットは、同じ10回分だけど施術内容が違ってその半額以下だから、立地とサロンの雰囲気と、90分の丁寧な施術を考えたら妥当な金額だと思っている。

まだチケットが数回分残ってるから、A氏の前ではどうしようかな~ なんて、考えてるフリを少しだけしているけれど、ほんとは考える余地一切なし。

そんなの買う気ゼロ。

どうやら、芸能人(と言っても私は名前を知らないモデルの子達)も顧客にいるらしく、検索したらブログやインスタで、このサロンが何度か出てきたわ。

『足がむくんだ時の駆け込み寺としていつも活用させてもらってま~す♪』だって。

ん~ こういうサロンをチョイスしたのがそもそもの失敗でした。



それにしても、年を重ねてこういう ”押し” にも図々しいくらいに上手く対処できるようになったと自負していたけれど、さすが百戦錬磨のおねえ系。なかなか手強い。

いや手強いどころか、まともに対峙したら勝てないだろうなあ。



私だってここぞと言う時はしっかり言うけれど、それでもA氏には勝てる気がしない。




・・・・・それで実は、10回分チケットの、9回分で、通うのをやめようかなと思っている。非常にセコイやり方で情けないけれど・・・
10回丸々終わったら、さあ次はっ!となるでしょ。だから・・・

1回分勿体ないことしちゃうけど、勝てる気がしないもの~ 
人生勉強だと思って退散するが勝ちってこともあるわ、と思う!



ええ、もちろん勝ち負けの話じゃないけど私にしては、珍しく相当弱気デス

それだけ無言の圧がキツイってことをお察し頂ければ・・・。゜゜(´□`。)°゜。

にほんブログ村テーマ LGBTコミュニティ ♂♂ ♀♀へ
LGBTコミュニティ ♂♂ ♀♀

Lはレズ、Gはゲイ、Bはバイセクシュアル、Tはトランスジェンダーのこと。
こういう世界もあるのね。。。



マッサージ

身体バランス健康整体
*ココロとカラダから美人に*

お読み下さり感謝です。 


人気ブログランキングへ



クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 









トレンチコートと言えば、誰もが頭に浮かべるあのベージュ色のコートが、私は嫌いだった。


長い間、この色のコートが嫌いだったのは、年配のサラリーマン達がよく着ていて、襟ぐりや袖口が薄汚れたような感じなのも嫌だっし、ネズミ色のスーツにくたびれたベージュのコートという組み合わせも嫌だった。


そう言いつつ、ダブルボタンに腰を紐ベルトでキュッと締めるあのトレンチの形は大好きで、黒やグレーのそれはとっくの昔から持っているから、正確に言えば、私が嫌いだったのは、いわゆる『おじさんコート』のベージュ色だということになる。


若い頃は、定年前の50代を『年配』だと思っていたから、自分がその年代になって、あの頃毛嫌いした定番色を手に取るなんてね。


にほんブログ村テーマ 50代からのファッションへ
50代からのファッション


ところで私の手持ちのコートは黒やグレーばかり。

唯一ミンクのコートが茶系で色合いが違うのだけど、今どき毛皮なんてストールやスヌードで十分で、ここ数年は滅多に着ない。

前述したけど春先と秋口に着るトレンチ系のコートも、やっぱり黒と濃いグレーで。

そうそう、コートだけは良いものを着るように心がけています。

着脱することの多いコートは、手触りはもちろん、チラ見えするタグだってそれなりに重要。

要するに見栄っ張りね、と言われれば『ハイ、その通りです』ということなんだけど、こういうものはレストランやホテルのクロークでの振る舞いに、ちょっとした自信をくれる。場慣れも重要だけど、どんなに場数を踏んでいても、よれよれのコートじゃ恰好つかないもの。


それだけに買う時は、オーソドックスなものを求めてしまい、私の定番色の黒やグレーばかりになってしまっている。

黒っぽいのばかりw

いい加減飽きる。゜゜(´□`。)°゜。





そんなことを猛烈に思っていた時、美容院で白髪染めの待機中に読んでいた雑誌にトレンチコートの特集記事が載っていて、モデルさんの可愛らしさも相まってか、なぜかとても素敵に見えて。



それで、今まで毛嫌いしていたベージュ系のトレンチコートを買ってしまったというわけ。


010


選んだのはド定番のアクアスキュータム。


にほんブログ村テーマ トレンチコートへ
トレンチコート


ライナー付きのトレンチで探していたら、鮮やかなロイヤルブルーが目に留まった。

ちょっと派手過ぎかな~と思ったけれど、顔色もくすんでくるお年頃。

慣れないベージュを着こなすには、これくらいの華やかさがあった方がかえっていいかも?と思って購入。

011

ついでに首元は、まだ冬支度のままジョンストンズ Black Watch

どうせ買うなら赤いラインが入ったものの方が??と少し迷ったけれど、私のコーデにはこれで正解。

首元は、ファー小物か、無地のカシミアで決まりだったけれど、チェック柄が若々しい雰囲気を与えてくれるような気がして気に入っている。

そういえば、アクアスキュータムのトレンチと英国つながりだわ。



スーパーセールと言いながら、しょっちゅうやり過ぎたと思う・・・



お読み下さり感謝です。 


人気ブログランキングへ



クリック頂けると更新の励みになります(*・ω・)ノ 



50歳代ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 

にほんブログ村テーマ 50代ファッション&コーデへ
50代ファッション&コーデ
アラフォー主婦のファッション情報☆
案外若い方の話の方が、参考になることも多かったりします





↑このページのトップヘ