行こう行こうと思いつつ、ノロノロしてたら上映が終了しそうなので、慌てて行ってきました。

実は期待外れに違いないと決めつけていた「美女と野獣」ですが、エマ・ワトソンが役にぴったりで楽しめました。この人こんなに綺麗だっけ?!彼女、静止画で見るより映画で動いている姿の方が、ずっと魅力的でした。

子役って、大人になると残念な容姿になることが多いのに、ハーマイオニーは違ったのね。

しかも声も綺麗で歌も上手くてびっくり。あまりに上手いので、だいぶ修正が入ってるのかしら?なんて疑っているほどです(苦笑

ディズニー映画を劇場で観るのは初めてでしたが、流石は天下のディズニー。うまい具合にツボを押さえてます。愛とロマンとキラキラと、しばし夢の世界を堪能しました。


ところで、どうして期待値が低かったかと言うと・・・

1946年作と、2014年作のフランス版を見ていたので、「美女と野獣」の王道はフランス語でしょ、と妙な先入観がありました。

特に1946年製作のジャン・コクトー版は、白黒の古い映画にも関わらず、ちゃんと特撮映画になっていて印象深かったです。

当時の映像を見ると燭台が人間の手になっていて、言葉にしてしまうと、今考えると笑っちゃうほどのアナログさですが、映像はごく自然で、当時リアルタイムで映画を観た人たちならば、手だけが動く不思議な魔法の世界観感心したことは間違いないありません。それに野獣のメイクも、白黒だからかアップになっても違和感ありません。

野獣はほぼ着ぐるみのようですが、こちらは白黒映画なのでうまくごまかされてやっぱり違和感がありません。

この白黒作品は、ベルよりも野獣に目が行きましたね~
1940年代のフランスのイケメン俳優と言われるジャン・マレーです。全体的にゴツイというか、いかつい感じがしますが、監督ジャン・コクトーの愛人と言われていたので、起用も納得ではあります。

ディズニー版はベル中心で、ひたすらエマ・ワトソンが愛らしく描かれていますが、これまたグッズ販売など大人の事情を考えれば大いに納得であります。

色々と楽しめた「美女と野獣」でした。


ランキングに参加してます。クリック頂けると励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

映画情報がいっぱいw
にほんブログ村テーマ 外国映画、洋画へ
外国映画、洋画